2016年08月31日

通信号外を発送いたしました。

明後日(9/2)の公開研修@那加桜丘校のご案内、9/4(土)中2必須生物勉強会@アクアトトのご案内です。
posted by 塾長 at 17:10| Comment(0) | 日記

2016年08月29日

これからの高3生の勉強について具体的に書いておきます。

国公立組の人など、センターが重要な人は勉強時間の半分(以上)をセンターの勉強にシフトしましょう。


センターの勉強は、7割5分以上取れる人とそれ未満の人で、共通なことと異なる事があります。




まず共通なことは、これから買う問題集は3大予備校、または旺文社の問題集に絞っていきましょう。それ以外にも良い物はあるのですが、当たり外れがありますので、まず外れがない範疇から選んでください。




異なる事。
現時点で全統マーク75%以上(おおむね名市大・名工大・名大)の人々
マーク式問題集(河合なら黒いやつ)など、問題が本番と同様の構成になっている物をベースに時間を計ってやっていきましょう。苦手な単元などがもしあれば、その単元は基本的な問題集やこれまでに使って馴染んでいる問題集に戻りやり直す。得意な分野や科目であれば実践演習中心。2次があるなら2次の勉強にも時間を使いましょう。青チャートやフォーカスゴールドなどの曖昧なレベル設定の問題集ではなく、自分が受けたい大学のらんくの問題集を買いましょう。




現時点で全統マーク75%未満な人
まだ苦手科目や、足を引っ張る単元を抱えているはずです。マークの練習は非常に大事ですが、河合の黒いやつのような実践形式のは頻度を落とし、「単元別構成」になっているマーク式問題集を買ってきて、苦手単元を自分で復習→問題集の繰り返しをしましょう。焦る気持ちは分かりますが、得点率がそれほど高くない場合、実践練習より苦手克服に時間を使ってください。まだ大丈夫です。どんな科目のどんな単元でも、2週〜1ヶ月あれば最低でも1つの単元が完璧になるはずです。あれこれ手を出して理解も出来ず上滑り勉強するくらいなら、今から本番まで各科目4単元くらいでも完璧にした方が遥かに点数が上がります。





開智塾にはありませんが、高校3年生の映像授業飛び付き率が上がる時期です。まぁ今の時期に映像に飛び付く子なんて、何を言っても無駄なのでほっときゃいいですが、賢明な開智塾生の皆さんは無駄に時間と金を使わないようにしましょう。今まで何言われても勉強しなかったキミが、映像見るだけで点数上がるわけないだろ。





国公立水準以上を狙っている人は、予備校を積極的に活用しましょう。名大講座とかですね。去年の子たちにも勧めましたが、特に旧帝大など上位大学を受ける人は河合塾などに行くと専用の授業がありますから、是非受けてください。ただし、通うのに時間がかかるなど現役生には大変ですので、平常は週1、日曜のみいくとか、あとは冬期講習などで1週間集中して行くなどしましょう。ただしこれも、行けば点数が上がるとかそう言う物ではないのは(これくらいの水準の子たちは)承知の通りです。予想問題を手に入れるくらいのつもりで行くのがちょうど良い利用方法です。





センター英語が時間切れになる人は、Z会の速読英単語をおすすめします。これは僕がやって良かった方法です。


速単(基礎編)青色のやつをかってきて、速読の練習に使います。単語帳としては使いません。単語の勉強はそれはそれで大事なので別でやりましょう。


速単のやり方です。

1,長文をしっかり訳しながら読む。右に訳がついているから、見ながら確認しながらで良い。
2,長文を訳しながら読むが、英単語の順番のママに訳す。I play tennis.なら、「私は、する、テニスを」と訳しながら。
3.長文を訳さず読む。I play tennis.で、「アイプレイテニス」のまま頭の中でテニスをしているところを想像する。抽象語も訳さない。The book is difficult.も、そのまま「ザブックイズディフィカルト」のまま、本が難しいイメージをする。

1つの長文につき、上記を1セットとして、この1セットを10分(長くても15分)を目安に行う。

1日長文5つを読む。ただし、隙間時間を使うこと。勉強時間をこれに割くのではなく、いらない授業時間や帰りの電車の中、チャリ通は自転車に乗りながら(危ないから勧めない)。細切れになるけど、それを有効活用する。トイレや風呂(ジップロックに入れて持ち込む)もいいですね。今の勉強時間から、さらに長文速読のための練習を1時間拡張することが出来ます。

基礎編(青)には確か70ほどの英文があるはずですので、ちょうど2週間で一回りします。これを3周り、1.5ヶ月やってください。センターで時間が余ります。もちろん長文の点数はかなり上がります。この方法は、単語力が比較的弱い人でも結構効果があります。サボってた人は今からの英語の勉強に是非取り入れて下さい。今からだと実は文法より長文の方が点数が伸びやすいと思います。
posted by 塾長 at 18:52| Comment(0) | 日記

2016年08月23日

通信を発送いたしました

23日午後から夕方にかけて通信を発送いたしました。
ご確認ください。
posted by 塾長 at 18:25| Comment(0) | 日記

2016年08月15日

8/18,19はお休みです


各校舎に掲示してありますが、



小中学生合宿のため18日(木)、19日(金)はお休みとなります。



自習室もお休みになりますのでご注意下さい。



よろしくお願いいたしますm(._.)m


posted by 塾長 at 23:02| Comment(0) | 日記

2016年08月10日

お急ぎの方もいらっしゃるかもしれませんので。読書感想文の書き方テンプレート

読書感想文に、いろいろな意義があるのは分かります。でも、何の指導もなく「書け!」では、書く方も困ってしまいますし、そのために書く事自体が嫌いになってしまいます。まじなはなし、日本人が文章を書くのが好きじゃないのは、かなりこの読書感想文のせいではないでしょうか。



しかも、ご丁寧に「読書の強制」「書くことの強制」の二段構えです。読書感想文は、文章を書くことの練習だと思って割り切ってしまえば、本は「劇場版妖怪ウオッチを視聴して」でもいいのではないかと思うのです。




体裁が中途半端な感じはありますが、結構考えて作られています。




最初は授業中に一斉に配付しようかとも思いましたが、いろいろなお考えがあることでしょうから、DLしてご家庭の判断でお使いいただくようにしたいと思います。



読書感想文の書き方.docx

読書感想文テンプレ.docx
posted by 塾長 at 22:34| Comment(0) | 日記

2016年08月03日

岐阜が何をやっても弱い理由

何をやっても、は言い過ぎなのはわかってますが。




教育委員会のページにこんなPDF文書があります。

第一次選抜の独自検査を含む選抜における選抜要件一覧

毎年毎年のことですが、学校ごとの独自枠の説明です。簡単に言えばスポーツ推薦や吹奏楽推薦などの実施要項です。全部公立高校です。


驚きませんか?今はこんなに推薦があります。





で、こんな結果になってるわけです。↓

高校野球岐阜県大会結果




時代が変わったと言えばそれまでですが、県岐商が長良に負けてたりするわけです。なかなかショッキングですよね。



ちなみにサッカーも同じ結果になっていたりします。




(長良高校は、もう進学校としての役割を終えてしまったんですかね。)



一方で、こんな現実があります。↓

社会の底辺化するJリーガー…給料12万、平均25歳で引退 「スペックなし」で就職困難







何が言いたいかというと。





勝たせたいなら1カ所に集中させないと。せっかくの人材を、県岐商と長良と市岐商と取り合ってどうする。1カ所に集めて切磋琢磨させて強いチームを作らないと。そこでレギュラーになれないくらいならさっさと諦めて違う道に行かせないと。島田紳助が言ってましたね、結成数年内でM-1の決勝に来れないようだったら才能ないからやめなさい、と。これは愛情から言っている。



「子どもが野球をやりたいと言っている。でも進学校に行かせたい。あ!長良に推薦がある!」と、長良を選択する親もいるわけです。で、昔よりちょっとだけ強くなったチームが長良高校にできあがる。もちろん甲子園に行くレベルじゃないんで、負けます。仮に甲子園に行っても、「目標は永遠に初戦突破」県の出来上がりです。勉強もほとんどしていませんので、スポーツでも勉強でも勝てない3年間を過ごすことになってしまう。




(特定の学校を批判したいわけではないんです。長良が象徴的な例だからあげました。試合、すこしだけ見ましたが、すげーんですよね。かっこいい。勝たせてあげたいじゃないですか!甲子園で活躍させて上げたいじゃないですか!なのに、同じ県内でつぶし合いをしているわけです。もったいない。神奈川や愛知レベルでたくさんあるならともかく。一般論で考えて下さい。もちろんがんばっている子もいるでしょう。「部活も勉強もキチンと出来ている奴もいるんだ!言い訳するな!」とは、激しい部活でよく顧問が言う言葉です。僕だったら両方トップレベルで磨いてあげられる自信が全くないので、どちらかに絞らせますけどね。きっと「根性があれば誰でも両立=トップレベルで活躍出来る」んでしょう。皮肉です)





長々と書きましたが、1番に言いたいのはここです。親が子どもの進路に責任を持って下さい。「子どもに決めさせます」「子どもがやりたいと言っているのでやらせます」と、子どものせいにしないでください。具体的にいますと、岐高・北高・加納・関高にいかせたいなら、クラブチームとかは中1くらいまでで終わってください。中学3年間やって岐高北高いける子もきっといるでしょう。でも普通は無理です。子どもは、自分でやめられません。やめさせてもらえません。決断するのは親です。経験上言いますが、大半はどっちも大してできない子になります。それどころか、きっぱり道を選ぶことも出来ない優柔不断な子ができあがります。そして、できない自分をすごく責めて苦しんでいます。○○君はクラブチームを中3まで続けて北高にいった。できないのは僕が怠けているからだ。僕の努力が足りないからだ。僕のセンスがないからもっと努力しなきゃいけないのにしてないからだ。勉強の効率が悪いからだ。



(または、逆パターンもあります。ぼくが点数が足りないのはクラブチームで練習をしているからだ。忙しいから仕方ないんだと言い訳に使うパターンですね。どっちもできないという結果は一緒ですが。)





かつて「僕は柔道で進むことに決めたので、静岡の高校に推薦で行きます。」と行ってきた子がいました。笑顔で送り出しました。「よし、じゃあ塾なんてきてるヒマないな、全力で柔道がんばれ!」と。






スポーツの方は知りませんが、少なくとも進学校は何かの片手間で何とかなる世界じゃありません。





部活や恋に忙しいキミが、時間の合間を有効に使って国公立大学に!なんていけるわけがありません。自分が天才またはジョブスなみの時間の使い方が出来る自信があるならこのかぎりではないですが。




少なくとも、岐高のこたちは、ほとんど全ての時間を勉強に注ぎます。部活をやっていても、勉強合間の息抜きであることを忘れちゃいません。岐高から名大とか行く子たちは、それはスゴイ努力をしています。天才?とんでもない。努力です(とか言うと、「努力できることが才能だ」とか言う奴が出てきますが、アホかと。努力は才能じゃなく習慣です)。野球で甲子園を目指している県岐商や大垣日大、中京大中京の子たちは、生活のほとんど全てを野球に注いでいます。岐阜工業のラグビー部はラグビーに命懸けてます。それぞれが、それに懸けてるんです。だから強いんです(県岐商が負けてしまうのは前半に書いた別の理由と思います。結果はともかく、崇高なレベルで努力をしているはずです)。




それに対して中途半端な子たちは、そりゃ勝てませんて。昔と違って、いろいろな分野でのトレーニング方法が高度化されている現代において、根性時代の「文武両道」なんて通用するはずないじゃないですか。その道一本に、早くから決めて突き進むことで成果を出す。そう言う時代なんですよ。


////////////////////



これだけだと、県岐商が弱いだけみたいな印象でも困るので、


県岐商の進学状況



スゴイですよね。下手な普通科は勝てません。
posted by 塾長 at 20:53| Comment(0) | 日記