2017年07月31日

高校生が「志願したい大学」、関東は早大 関西・東海は

http://www.asahi.com/articles/ASK7F6V3LK7FUTIL05M.html

各点数帯同じ人数ずつでアンケート採らないと意味ないと思う。

あと、「行きたい」だからな!「行けそう」とか「自分の点数で言っても恥ずかしくない」じゃないからな!?って強く念押ししてから言わせないと。

【東海】

(1)名城大

(2)名古屋大

(3)中京大

(4)南山大

(5)静岡大

(6)三重大

(7)岐阜大

(8)愛知大

(9)名古屋市立大

(10)名古屋工業大
posted by 塾長 at 13:25| Comment(0) | 日記

2017年07月30日

岐新対策

岐阜新聞テストのための勉強です。




昨年までは、

全ての科目を解く→全ての科目を同じ時間をかけて講師が説明

としていました。


もうおわかりの通り、これは非常に無駄も多くなります。
そして生徒が疲れて聞かなくなると言う笑

さらに、「やりきった感」があふれ出て、その日はもう生徒の皆さん閉店になってしまいます。



いや、もう何年も前からそんなことには気づいていたのですが、どうしたものか対策が思いつかないままでした。





今年、ふとしたことで思いついたのでやってみる事にしました。



それが、

「解いた後自分で直し、分からない所は聞く、そしてノートを作る」

です。



間違いをやり直す、ノートに記録しておく、後で見返すと言う、「これはほんとうにやってほしい」と言うことを具現化した方式です。




正直、ここまで効果があると思いませんでした。

まぁ見てください。

03.jpg

04.jpg

ノートは専用の用紙を用意しましたが、うまく活用してくれています。


間違えたところを記録する。ただ時間がかかってしまったり、無駄な労力を割いても仕方がないので、「問題を切って貼るのもいいし、それよりも書いた方が早ければ書いてもいい。とにかく、後で自分で見返して確認したくなる内容に」といってあります。



とてもキチンとまとめてくれています。これを積み重ねれば、大きなテスト前に自分の間違ってきたところを一気に確認できます。まさに自分だけの超ポイント参考書です。

なかには↓こんなのもあります。

02.jpg

この問題での欠点…Give Upした。あきらめんなよ!」って書いてあります。いいですよね。すごく自由に勉強しています。



ま、こんなアヴァンギャルドな作品もあります。

05.jpg


次これだったら、通信に載せますと書いておきました笑
posted by 塾長 at 23:55| Comment(0) | 日記

2017年07月29日

タケノリくんきた!@関校

take.jpg



もう4年前になるんですね−、卒業生で、現慶應大学薬学部3年生の森丈能くんが手伝いに来てくれています。



お盆休み前くらいまでほぼ毎日、まぁ何せ出来ない科目はないですから、中高生問わずたくさん質問やマル付け対応や授業をしてくれています。



講師経験もあるので授業なんかも出来るだけやってもらいたいですね。岐阜に住んでいたらなかなか現役の慶大生にはお目にかかれませんし、勉強だけではなく生活でも役に立つ話を出来るだけしてもらいたいと思います。




nana.jpg

また、現役医学部生の平田先輩も少し前からお手伝いに入ってくれています。もうあれですね、先生が若い女子だと生徒もおとなしいですね。こちらもマル付けを中心に手伝ってもらっていますが、もうファンがついています。那加、関に入ってもらう事が多いです。そのうち蘇原にも行くかも!?



特に理系高校生の質問対応には充実具合がスゴイので、今のうちに使い倒してください!




posted by 塾長 at 17:08| Comment(0) | 日記

2017年07月19日

高校見学・大学見学は2年生のうちに!



表題の通りです。



3年になってから行く子が毎年いますが、さすがに時間がもったいないです。1日潰れちゃいますからね。



高校は、学校によっては受験生以外を対象にした見学会があったりします。(関高校があります。小5〜6年生向けの学校見学、中学生の保護者さま向けの受験ガイダンスです。案内を学校からいただいていますので、お声かけください。)




大学見学は大学によっていろいろなやり方があります。




学校が公式に見学会の募集をしており、それに参加するとか、
なんとなく勝手に行って、生協でご飯を食べたり大学ロゴ入りのものを買って帰ってきたりとか。



割と昼間の大学は出入り自由ですね。特に国公立はその傾向が大きい気がします。




以前所用で行った愛知大学の新校舎とかも、なかなかスゴイですね。




愛知大学名古屋校舎
名駅笹島にどどーんと、ちょっとした「まち」を創造してます。名駅から徒歩5分程度、一部一般の方も入れる場所がありますので是非。余談ですが、向かいの大和ハウスもすげえ。大和ハウスの建物が竹中工務店の「作品」という。

愛知大学名古屋校舎近辺は近未来というか、無機質な異次元を感じるのでおすすめです。キャンパスライフ?を送る大学生がうまくディスプレイされているので、中高生が見たら「早く大学生になりたい!」って思えるかもしれません。




家族でお出かけの際には、行き先または途中にある大学に立ち寄ってみてはいかが?



posted by 塾長 at 17:41| Comment(0) | 日記