2018年02月28日

関高校進路指導部長先生がいらっしゃいました

sekiko.jpg




名前は消す必要はないとは思いますが、一応。




校高の先生が塾に足を運んでくださるのももちろん、高校の公式FBページとか、時代は変わっていますね。私たちのような業種から見ていると、学校の進化は速く永続的です。うかうかしていると、学校の変化についていけなくなります。




◎◎先生、塾内に掲示しておきますね!!
posted by 塾長 at 17:17| Comment(0) | 日記

出願倍率最終

 第一次選抜・連携型選抜変更後出願者数(2/28)




最終的には、多少落ち着いた数字になりました。


志望を下げずに踏みとどまった子は、これからが本番です。毎年、倍率が下がるとなんか勝った気になる子がでてきますが、そんな幻想は早く捨てましょう。入試は各高校に行って受けますが、岐高・北高で1クラス分くらい(約30人)、加納に至っては3クラス分くらい(約90人)の子が涙をのむことになります。




いずれにせよ、岐阜もかつての「公立にあらずんばずびどぅば」の時代はとうに終わり、第1志望・第2志望。。。ということになってきました。(立命館高校が来ていたら、さらに状況は違っていたかもしれませんね)



公立が良いとか、私立が悪いとか、また私立は推薦が充実しているとか、盲目的にならず、その時々できちんと状況を判断していきましょう。


(例:私立高は確かに推薦枠を多く抱える傾向にありますが、誰もが行きたいところは数に限りがありますし、コースによっては推薦をもらえないこともあります。このあたりは親子塾などの機会でお話します)




出願先もこれで確定しました。もうまな板の鯉です。さっさと覚悟して純粋に勉強に力を注いだ人が勝利に近づきます!
posted by 塾長 at 17:10| Comment(0) | 日記

2018年02月27日

公立高校の出願について

ご存知の通り、かなりの倍率になっています。


加納高校は初日1.43倍、下がってもまだ1.34倍あります。
最終決定は水曜の正午、事実上明日中ですね。




普段の学校の中間期末テストで420〜430、内申40のレベルの子は落とす必要はないと思います。通常なら北高でもいける範囲内です。




これをご覧になっている人が開智塾の生徒だけとは限りませんので、他塾の方に向けてまず書いておきます。



不安がある状況の時に、妙に根拠もなく上位校を「がんばれ」みたいな根性論で薦める塾は、気をつけてください。



そう言う塾は、生徒が落ちてもなんとも思っていません。はっきり言ってしまえば、Bクラスの高校に10人合格するよりも、その10人にAクラスの学校を受けさせて、その中から1人でもAクラス高校の合格をGETできれば塾としてはおいしい(実績的な意味で)と思っていると言うことです。あと9人落ちてもどうってことないんです。


なぜなら塾は、チラシに「合格人数」しか書かないからです。人数も見栄え良くするためなら、なんでもやりますよ。嘘も書かないがホントも書かない。そんな感じです。



あ、開智塾はちがいますので。以下に。




高校→大学を考えたとき、今の合格実績や推薦入学の状況から言って、

加納>鶯谷>岐阜東>岐山>長良>各務原西

と思います。


従いまして。


「さあ、加納が大変だ!」となったとき、選択肢は2つです。



「何が何でも公立でなければ困る」→岐山や長良、各西にランクを落とすしかない。
「んなことない、大学入試の実績次第」→落ちて私立に行く覚悟をして、加納を受ける。



この2つを基本方針として話をしています。



場合によっては、落ちることで3年後の大学入試でそれが生きる子もいるわけです。

僕は自分が大学入試で浪人しているので、大学入試は舐めちゃいけないことを身をもって知っています。口だけじゃないです。実際、滑り止め私立を現浪通じて受験せず国立のみ受験で辛い思いをしました(あ、自分で選んだんですよ?敢えての背水の陣を)。



もし、高校入試で落ちるかもしれない怖い思いをしたり、または失敗して辛い思いをしたとして、それが3年後に生きればそれは非常に貴重な経験だと思います。




ま、とはいうものの、実際高校入試で落ちるというのは辛いことですので、ケースバイケースですけどね。きちんと次へ向かっていく心を持てるかが大事だと思います。やっぱちょっと心配って子もいますので、そう言うときは下げなきゃね。。。ってなることもあります。





そんなわけで出願変更については時間残りわずかですが、「受かったらどうなる?落ちたらどうなる?」をよく考えて決定しましょう。切羽詰まっていたらご連絡ください。明日(火曜)でもOKです。


フリーダイヤルからの転送がうまく行かないことがあるので、090-8928-0502まで一度ショートメールをいただければ確実です。
posted by 塾長 at 00:23| Comment(0) | 日記

2018年02月25日

岐大教育学部美術教育講座 卒業制作展に行ってきました。

もう4年前になるんですが、関高→岐大教育学部美術教育講座に進学した市原奨太郎くんがいよいよ(無事に)大学を卒業することになり、卒業作品展が開かれると言うことで、見学させていただきました。@県美術館です。



正直に言っていいですか?



なんというか、すみません、舐めてました。

いや、もちろん下手とかレベルがどうこうとかそういうことじゃなくて、パワー、圧がすごかったです。


若い人達の力がすごく伝わってきました。感想を書くアンケート用紙をいただいたのですが、もっといろいろな作品について書きたい気持ちが湧き出てきました。これってきっと良いことだろうし、作品のもつ力なんだろうと思います。




ちなみに、奨太郎くんの作品はこちら。
DSC_0214.JPG

ご本人登場なのですが、描いてある内容が分かりすぎて、登場人物も複数分かりますし、ウツボカズラとかうちにもあって、超ツボりました。なにより、すごくうまくなってますよね!!素人なので失礼があってはいけませんが、素直にそう思いました。たまたま彼の2〜3年前かな?の作品を見る機会があったのですが、素直にそう思いました。


DSC_0213.JPG


教採&院進学おめでとう!!!



同日、県美では円空大賞展?をやっていたので、ついでと言っては何ですが見てきました。

DSC_0215.JPG


これ、行ってみて良かったです。ちょっと企画の意図はよく分からないんですけども笑



また県美見学会を実施したい。春頃かな〜。




posted by 塾長 at 23:59| Comment(0) | 日記

新中1保護者様対象親子塾@関・那加

中学校に入学するにあたり、準備や心構えです。



恒例の部活アンケートも配布予定です。



@関校
3/10(土)16:00〜17:30

@那加桜丘校
3/10(土)19:00〜20:30

対象は現小6保護者様ですが、それ以外のかたもOKです。
また改めて通信でご案内いたします。




また、3/10(土)と3/11(日)は、親塾以外については休校です。(卒業旅行のため)





講師親族の葬儀等に伴いまして、蘇原校については大幅に時間割を変更させていただきました。大変ご迷惑をおかけしますが、なにとぞご理解ご協力をお願いできればと思います。




1週間中学生の授業はすべて那加で実施させていただきます。那加校の時間割については既に生徒の皆さんに連絡済みです。

以下、蘇原校の1週間の予定です↓

月曜
校舎やすみ
小5算数→水曜19時

火曜
通常通り休み

水曜
小6国語通常通り
(19時より月曜から異動してきた小5算数)

木曜
校舎やすみ
小4算数→土曜19時
小6英語→金曜19時

金曜
小6算数通常通り
小5国語通常通り
(19時より木曜から異動してきた小6英語)

土曜
小4国語通常通り
(19時より木曜から移動してきた小4算数)
posted by 塾長 at 23:35| Comment(0) | 日記

2018年02月24日

こんな時になんですが

卒業旅行の申込み、始まって3日ですがもう30人です。バス1台しか用意しておりませんのであと10名程度です。お早めに!

ちなみに昨年のキャンセル待ちは8名でした。。。



該当の校舎の皆さんには順次お伝えしておりますが、担当の先生のご家庭の事情から、皆さまにご足労をおかけする事になりました。申し訳ありませんが、なにとぞなにとぞお力添えのほどよろしくお願い申し上げます。
posted by 塾長 at 00:18| Comment(0) | 日記

2018年02月23日

公立入試出願倍率

出願状況


↑リンクで表示されたページに「出願状況」というところをご参照ください。



倍率を見て迷うのは分かりますが、動揺は無意味です。



悩む前にぜひ相談してください。電話でもメールでもOKです。



関→藤浪
那加蘇原→岩田へどうぞ!




倍率が上がることについては、「競争が激化すれば水準が上がる」も確かにそのとおりですが、さすがに中学校の進路指導はちゃんとやった方がいいのではないでしょうか。


学校の先生に聞いても何も教えてくれない、「受けたいところを受けなさい」「がんばりなさい」「良いとも悪いとも言えない」こんなのばっかで、挙げ句に親子でいろいろなデマを信じてネット検索してるようでは、よくないのでは?


これでは水準が上がる以前に疲弊するだけです。入試は運ゲーではないんです。
posted by 塾長 at 01:03| Comment(0) | 日記

2018年02月21日

自己ベスト更新@中2関

関の中学2年生、来ました!!!


着々と上げ続けてついに430点を超え!!


ちょうど1年前の3学期末が370点台で、それ以降はずーーーーーっと上げ続けてついにこの点数まで。スゴイですよね。



実はこの子は、過去何度かこのブログに登場しています。



あるときから、すごくこまめに質問して、言われることをきちんとやってくれるようになりました。



質問に来るのも、最初はこわごわだったみたいですが、今は(たぶん)うきうきで効いてきてくれているのではないかと思います。それはないか。でも質問には抵抗はないでしょうね。




毎回質問ごとに少しずつ話をしたり弱点を補強したりするので、そりゃ上がりますわ。点数を上げるために自分がまず動いて点数を取りに行くと言うことは、すごく大切な事です。




一方で、自らの恥を晒すようでみっともないのですが、特に隠す理由もないので書きますと、蘇原の中2は退塾が続いてどんどん人数が減っています。これも仕方ないと思うんですよね。塾が嫌いなら、多分やっても意味ないんです。大好きになれる塾を探して流浪してもらった方が良いと思います。やれることは皆同じようにやりました。ついでに言えば、1人に掛ける時間が増えますので、今後さらに細かく見ていきますよ!





ただし、残ってくれている子の良い兆しも見えています。蘇原の中2の子は分かっていますね。点数を伸ばしている子が何をしているか、どういう態度で勉強しているか。誰のことか分かってますね?まねしてください。関の子には今日言いました。まねしてって。中1でも中2でも点数を伸ばしている子、トップを取っている子の話は今日しています。自分もそうなりたかったら、ぜひできている子のまねをしてください。本当に点数を上げたい子は、まず動いてください。




点数は、誰でも上がります。絶対に上げられます。塾の仕事をしていてつくづく思います。なのに上がらない子もいます。そう言う子は、はっきり言って自分から上がるためのことをしていません。塾ジプシーになる前に、まず自ら手を伸ばしましょう。僕たちが投げる球をキャッチしてください。必ず成果は出ます。






posted by 塾長 at 20:55| Comment(0) | 日記

2018年02月14日

ヴァン・アレン帯の誕生日

・・・という懐かしいネタはおいといて、ありがとうございますm(._.)m

DSC_0191 (2).JPG


この歳になるともらえるだけでありがたい話ですが、特に今年はすっかり忘れていたので喜びもひとしおです。ありがたやありがたや (.人.)


最近の子はスゴイですね、手作りなんでしょうが、ほぼ売り物のクオリティです。すごい。



さて最近は、問い合わせやら体験授業やら、ご入塾の予約をひっきりなしにいただきまして、こちらもありがたい限りです。


開智塾はどこを目指しているのかがはっきりしているので、何をやっていくかもはっきりしています。そこに共感をいただいているのではないかと思います。



本当のことを言うと、一時期やることがぶれそうになりました。マーケティングの定石として、ある程度市場に浸透したら、対象を変えてマスに訴えることが必要になると言われるからです。



でも、本当に大事な事は、自分が納得してやれる範囲のことに全力を注ぐことでした。何年か前にそれに気づいてからは、妥協することはやめました。大丈夫です、「さらによく」と手を広げること、やり方を変えることと、意固地になってやり方を変えないこととは別です。後者は無意味です。信念は固くとも、柔軟であることが必要と心得ております。




とまぁそんなわけで、1年たりとも前年と同じだったことはないのですが、今年もそうなりそうです。



いや、時間割を出すのが遅くなっていることの長々しい言い訳ではなく!

もうしばし、もうしばし!!




遅くなっているのは理由があるのであって、決して「え?モンハンワールドをもうクリアしてしまった?どんだけやってんの?仕事やってる?」ということではないです!!モンハンはハンターランク開放してからが本番なんで、これからっす!
posted by 塾長 at 23:44| Comment(0) | 日記

2018年02月10日

う〜む

posted by 塾長 at 00:16| Comment(0) | 日記

2018年02月08日

某私立高校の特待生

今年は多めにだしてますかね?

全額特待をもらった子も塾生にチラホラ。


去年まではほとんど(特待は)出ておらず、もらえても半額までみたいな感じだったような。

私立高に合格すると気持ちが少し楽になりますね。公立入試まであと少し、頑張りましょう!

posted by 塾長 at 23:56| Comment(0) | 日記

2018年02月07日

岐阜大学、続々合格!に見る、学校の力の見方

推薦入試の結果です!



最近の入試制度に疎い方のために。

////////////////
国立大学でも近年では推薦入試をやる大学が増えてきています。しかし、いわゆる「指定校推薦(無試験)」ではなく、通知表の評定平均に加え、学力テストや面接、小論文、センター試験などを課す場合がほとんどです。

したがって、どこの大学でも「品行方正(通知表OK)」で勉強も出来る子が3〜5倍程度の倍率のなかで戦うことになります。一般入試とほとんど倍率は変わりません。
////////////////



また、開智塾は昔から「岐阜大学や名古屋大学」を教育機関の評価軸の一つとして考えています。

塾が言うのも何ですが、東大に何人入ったかよりも、名古屋大学や岐阜大学など「地元の優秀な大学」にどれだけ入れるかが実力だと思うのです。私立高校などが何年も「東大合格!!」と言い続けたりしますが、そんな何年も前に1人東大に行ったことより、毎年きちんと岐大や名大の合格を出せているか、平均点の子がどこに行くかの方がはるかに学校の力を表していると思うのです。


というわけで、結論。


学校(塾も同じ)の力は

1.名大・岐大にどれだけ入れるか
2.平均点の子がどこに入るか

この2点で見てください、という話でした。
posted by 塾長 at 23:39| Comment(0) | 日記

2018年02月03日

実力テストが返ってきています

実力テストは学校によってやったりやらなかったりなのですが、年明けテスト→この時期返却のパターンは多いみたいですね。



今日は関で中2の結果をいくつか見ましたが、やりました!美濃中2年生がまた1番。しかも、前回1番だった子とは別の子が1番に。こうやってトップ争いをしているのはお互いに刺激になっていいですよね!トップを奪われた子は悔しそうでした。そうそう、次がんばりましょう!




桜中の子は順位のグラフとかが全部分からなくなってしまっていますが、同じく中2で偏差値67台、66台と続いているので、これもまぁ2人とも学年1桁でしょう。特にAさんは長い低迷(というか、気分が乗らない)が続いていたので、これをきっかけに浮上できそうかな?




これからいよいよ期末テスト直前になっていきますから、これをバネに頑張りましょう!!
posted by 塾長 at 23:39| Comment(0) | 日記