2017年05月10日

興味をもつということ

新中1、新高1を中心に最近多く入塾いただいております。

体験授業に来ていただいた際に面談をさせていただくのですが、ご家庭で「興味を持たせる」ということを熱心にされている保護者様にお会いしました。

「○○ということに興味があるようで、こういう仕事があるよとは言ってみるんですがどういう大学や学部があるのかが知識がなくて・・・」

といったお悩みをいただいたので学部についてご紹介させていただいたのですが、「興味を持つ」ということって意外と難しいですよね。(特に学年が上がれば上がるほど)

例えばですが、小学生の英語の授業ではアルファベットの大文字・小文字をやる際に大文字と小文字の区別をつけるために「Canada」という単語を書いた上で「カナダってどういう国か知ってる?」と聞いてみます。
そうするとたいてい「えー、知らーん。」と返ってきます。
「じゃあ、英語とは直接関係ないけど調べてみようか〜」といってみると・・・

埋め込み画像 4


こんなに調べてきてくれています。

知らないことを知っていきたいと思えることが「興味を持つ」第一歩だと思います。

参考までに理科のことでYoutubeでこんなの見つけました。



物理、化学への入口として不思議だな〜というところ大事かなと思いますし、メッセージが熱くていいなと思います。
posted by 塾長 at 23:56| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。