2017年06月09日

中1の最初のテスト



この時期、中1生にとっては初めての定期テストです。



予定通り取れる子もいれば、そうでない子もいます。毎年のことです。



状況がよく分かっていないので、油断しちゃうんですよね。(逆に、やり過ぎて点数を取り過ぎてしまう…なんてことはないわけで、あるとすればやはり油断でしょう)




小学校の時は、なにもしないでも点数は取れました。これには2つの意味が含まれます。



1つは、なにもしていないつもりでも、そこそこ勉強していた。小学校のテストの点数を取るくらいだったらちょっと勉強すれば良かったとも言えます。




もう一つは、テストがやはり簡単だと言うこと。いろんな意味で。習ってすぐ、とか、教科書に出ているものと同じとか、テストに合わせて授業してくれている、とか。





中学校に入ると当然そうは行きません。先生は授業をした上で2〜3ヶ月ふり返って「よし、ここをだしてやろう」とテストを作るわけです。もちろん当然でるだろう基本もありますし、ワークや教科書に載っているものがほぼそのままでるのもあり。ここら辺は80点を取るには落としてはいけない問題です。




開智塾的にはその先を目指しているので、当然それだけでは足りないんです。平均より上だったからいいとか、そんなぬるいことを言っていてはダメ。90点を超えてからが勝負。




今回の問題を見て、授業中や対策授業、カコヨソでやった問題ばっかだったのが分かったことでしょう。これからテストの子たちはそれを思い知るでしょう。普段の授業や宿題などを絶対に漏らさないようにして行ってください。90点越えます。




ちなみにここ数日賑やかな那加中3年生は、全員450点を超えた上に、塾内1番は学年2番!だったそうです。おしい〜!!でも、学年1桁の半分くらいは開智塾で占めてるんじゃないですかね。



この子たち、非常に真面目です。怖がっているから僕のところには質問などを持ってきてくれませんが(涙)、言ったことは全部やってくれています。授業中に当てても、ちゃんと理解しているし、的確な返答をくれます。そりゃ点数上がるわ。



中1の3学期、380点台だった子が今回460点越えました。やったね!
posted by 塾長 at 23:31| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。