2019年01月07日

やりっぱなしは絶対にダメだって

宿題にしろ何にしろ、やりっぱなしは本当にだめです。


はっきり言って、それじゃあやってる意味がないくらいダメです。


何度も何度もしつこく全マルと言い続けているのは、

・宿題や課題をやる

・答え合わせで、間違えたところや分かっていないところを発見する

・出来るようになるまで質問したり直したりする←これが大事



むしろ、宿題とかテキストは、この最後のところをやらなければ何の意味もないんです。授業中の説明を垂れ流して聞いてるか聞いてないかわからんような事を続けているようじゃ、塾としての意味はありません。



出来てないところを発見し、出来るようにする。



シンプルですが、本当に重要で、きちんとやっている子はほとんどいない。でも450点以上の子はたいていやってる。



しつこいようですが、これをやるのが開智塾です。



某塾さんが「開智塾に行ってもウチ(某塾さん)に行っても同じ」とおっしゃっているそうですが、んなわけないです。これをやることは本当に大変ですし、僕らはやらせているふりだけで誤魔化すことは絶対に出来ません。一人一人の全ての対応をするのにはどうしても人数の限界があるのです。講師の能力も、そこら辺の塾の先生(いっちゃわるいですが)では無理だと思います。


何とかして点数を伸ばしたいという気持ち、努力する気持ちがある子はとことんやります。たとえ点数が奮わなくても、です。そういう子は必ず伸びるからです。


開智塾がこれまでにやめてもらった生徒さんは…やる気がない、言うことを聞いてくれない、点数を上げる気がない。そんなお子さんです。そういうお子さんは、残念ですが僕らは対応できないのです。やる気がある子の時間を奪ってまで、そこに時間や労力を割くことは出来ないんです。すみません…。


posted by 塾長 at 00:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。