2019年03月25日

さらに後期日程合格!



後期が受かりにくいのは確かなんですが(定員が少ないため倍率が高くなる)、なんと国立後期に2人も合格しました!



岐高→岐大
岐高→名市大


です!


ここらへん、後期で受かる力があったらなぜ前期が…ってのはあるんですが、こればっかりは入試なので仕方ないです。印象としては、真面目・おとなしい子が前期×→後期○になるパターンが多い気がします。なぜだろう。。。


とにもかくにも、おめでとう!!


そして、入試の全日程が終了しました。



今年度は高3生の半分が国立進学です。私大上位(MARCHだのSMARTだの以上+関関同立+南山)も含めれば4分の3が上位大学に進学です。おめでとう!!!!



もちろん、涙をのんだ子もいます。毎年、それはあります。成績がいいとか悪いとかあまり関係ありません。自分の実力より上を狙ったとも言えますし、実力が発揮できなかったとも言えます。


私自身が浪人したので、実は浪人をそれほど悲劇と捉えていません(だから、情に負けずにリアルな指導をしますので落ちてどうしていいか分からない人は来てくださいね)。本当の悲劇は1年後、また受からなかったとき。


どうしたって国公立大学は、基本1発勝負なのでうまく行かないこともあります。特に強い希望を持って臨んできた子は、安易に妥協をしないことが多いですから、余計に辛いことがあります。


でも、少なくとも1浪まではまだ途中だと思います。贅沢といえば贅沢ですが、妥協しないで高みを目指すということは決して悪いことではありません。悔しいのは確かですが、もし妥協して、1年後、アイツ(←誰かイヤなヤツの名前を入れよう!)に抜かれたら・・・。そっちの方が遥かに悔しくないですか?逆に言えば、1年後、アイツを抜いてやる!って感じで頑張って、もし本当に1年後逆転できたら・・・そりゃ爽快ですよ。



1年は長い気がしますが、一瞬です。落ちた子は我を忘れて勉強してください。必ず人生の糧になります。


posted by 塾長 at 22:52| Comment(0) | 日記

2019年03月15日

ご入塾ありがとうございます!

tan.jpg

真ん中下あたりに貼ってある(ぼかしてありますが)「ご入塾歓迎!」の短冊が、張り切れない。。。1校舎だけでこれだから、2つ合わせたら結構な数に。。。


(奥の窓に貼ってある細長い短冊は、国公立大学合格短冊。これもまたたくさん!)



めちゃくちゃたくさんの方にご入塾をいただき、さらにまたお問い合わせもいただいております。学年によってはいっぱいになっていたりします。ごめんなさい。



それでもやはり、一人一人をきちんと見ていきたいと思う気持ちは変わらないです。タイミングを見計らって、順番に1人ずつアタックしていくつもりです。



「点数を上げたいと思わない子はいない」。誰だって、点数を上げたい。お父さんお母さんに喜んでもらいたい。だけど。。。←ここから先を何とかしてあげたい。アプローチは一人一人違うので大変なんですが、本人はもちろんご家族と連携しながらやっていきたいと思います。



※事務的な粗漏がないよう気をつけているつもりですが、、、もし「あれ?」と言うことがありましたらすぐご連絡ください。家内制手工業ですので時々間違えます。。。m(._.)m

posted by 塾長 at 23:18| Comment(0) | 日記

本日(3/15)から新時間割です!



学年が1つ上がりますのでご注意ください!



posted by 塾長 at 18:25| Comment(0) | 日記

2019年03月14日

公立高校入試が終わりました。



今年度は、残念ながら「全員合格」とはなりませんでした。1名、涙をのみました。



正直、全員が合格することは、現在の受験環境から行って珍しいことは分かっています。それでも、近年では「意外な結果」にはあまりならないです。



今年の1名は、正直少し意外でした。受けると決めた時に、県で1番の高校、それだけの勇気と覚悟を持ってくれた事がうれしかった。こちらの力が及ばなかった。申し訳ない。



進学する学校は第一志望ではなかっただろうけど、本当の勝負に向けてまた3年間頑張って欲しい。今までの経験上、失敗することを身を以て分かっている子は強い。



posted by 塾長 at 23:51| Comment(0) | 日記

2019年03月12日

今年も半数が国公立に合格しました

まだ前期のみの途中ですが。
そして、国公立以上の私立に合格している子もいる。今年もやはりすごい。
しかしなんか理系が多い気がするなぁ。。。
文系出身としては文系希望がもっと増えてくれると楽しいんだが!という贅沢な話。



国公立
京都大学工学部情報学科
京都大学農学部応用生命化学科
東京工業大学工学院
岐阜大学医学部医学科(地域枠推薦)
神戸大学工学部市民工学科
名古屋大学法学部法律政治学科
名古屋大学工学部機械航空工学科
名古屋工業大学工学部生命応用化学科(推薦)
千葉大学園芸学部応用生命学科
富山大学都市デザイン学部都市交通デザイン学科(AO:武義高)
富山大学工学部知能情報工学科(一般:武義高)
富山大学都市デザイン学部材料デザイン学科
岐阜大学教育学部特別支援学校課程
岐阜大学教育学部学校教育教員養成課程音楽教育講座
岐阜大学工学部機械工学科

私立
中央大学法学部法律学科
中央大学法学部法律学科
東京理科大学理学部第一部応用化学科
東京理科大学工学部機械工学科
明治大学農学部農芸化学科
同志社大学理工学部環境システム学科
立命館大学法学部法学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部ロボティクス学科
立命館大学理工学部ロボティクス学科
立命館大学理工学部環境都市工学科
立命館大学理工学部環境都市工学科
立命館大学理工学部生物工学科
名城大学薬学部薬学科
東京農業大学応用生物学部醸造科学科
東京農業大学応用生物学部醸造科学科
北里大学理学部生物科学科
北里大学海洋生命科学部海洋生命科学科
和光大学経済経営学部経営学科
南山大学法学部法律学科
南山大学法学部法律学科
南山大学法学部法律学科
名城大学理工学部機械工学科
名城大学理工学部情報工学科
名城大学農学部応用生物化学科
名城大学農学部応用生物化学科
豊田工業大学工学部先端工学基礎学科
愛知淑徳大学人間情報学部人間情報学科
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科
金沢工業大学工学部機械工学科
中部大学応用生物学部環境生物科学科
中部大学工学部機械工学科
芝浦工業大学工学部機械機能工学科
名城大学理工学部機械工学科
名城大学理工学部機械工学科
名城大学理工学部社会基盤デザイン工学科
金沢工業大学工学部機械工学科
長浜バイオ大学バイオサイエンス学部フロンティアバイオサイエンス学科
長浜バイオ大学バイオサイエンス学部フロンティアバイオサイエンス学科
福山大学生命工学部海洋生物科学科
福山大学生命工学部海洋生物科学科
名古屋学院大学経済学部経済学科
posted by 塾長 at 00:09| Comment(0) | 日記

2019年03月10日

さらに…( ;゚─゚)ゴクリ



那加桜丘校でも京大工学部合格!!!


こんな田舎の小さな塾から京大2人も!!!


posted by 塾長 at 20:46| Comment(0) | 日記

合格おめ!



京大農学部

東京工業大学

名大工学部機会航空工学科

名大法学部

富山大工学部



スゴすぎる…



( ;・`д・´)ゴクリ
posted by 塾長 at 16:05| Comment(0) | 日記

2019年03月08日

神戸!




おめでとう!

神戸大学工学部!
posted by 塾長 at 19:21| Comment(0) | 日記

2019年03月06日

岐阜大学合格発表〜!/親子塾@関校新中1

とりあえず、3人は合格を把握しています!

おめでとう!!


工、教、教ですね!!

これを皮切りに、これからぞぞぞっと発表が続くので、毎日どきどきです。

///////////

本日は新中1親子塾@関校でした。


こう言うイベントは平日のよるが良いのか土日明るい時間がいいのか何とも悩むところですが、今回はスケジュールの都合上平日夜に行わせていただいております。(明日は那加です)



ほぼ皆さん、親子でご出席いただきました。ありがとうございます。



毎年恒例なのですが、やはり最近は内容をアップデートする率が高くなります。


中学に入ってやってほしいこと、生活習慣、入試、部活、などなど。90分ノンストップでお話しさせていただきました。



受験の入り口なので、ガイダンスのガイダンスみたいな、全体的な事をなぞる感じで深掘りまでは出来ませんでしたが、おおよそこれからの事がおわかりいただけたのではないでしょうか。


特に、今回は関・美濃地域ということで、他の学区との比較も遠慮なくさせていただきました。いいことも、そうでないこともあります。受験はそれを知っているか知らないかで大きく違ってきます。大切な事ですので、これからもきちんとそういったことはお話しさせていただこうと思います。



お話の中でも出ましたが、今後いろいろな内容でこうした機会を設けていこうと思います。ぜひご参加ください。今回もみなさん熱心にお聞きいただきありがとうございましたm(._.)m
posted by 塾長 at 23:35| Comment(0) | 日記

2019年03月03日

とにかく眠くて仕方ない人へ/数学が超やべー人へ

https://7-11net.omni7.jp/detail/340687?utm_source=google&utm_content=340687&utm_term=340687&utm_medium=cpc&utm_campaign=7ms_pla


これ食べたら絶対目が覚める。やばすぎる。辛すぎて来期から多分違法になるから食べるなら今。


///////////////////

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E9%AB%98%E6%A0%A1%E6%95%B0%E5%AD%A6-%E6%95%B01%E3%83%BB-%E3%81%8D%E3%81%95%E3%82%89%E3%81%8E-%E3%81%B2%E3%82%8D%E3%81%97/dp/4053030935

こちらは、数学が超やべー人用の参考書です。偏差値40〜50くらい。

やさしい高校数学。色が茶色。

まるまる1から勉強することも出来ます。例えば「数学の2次関数だけ0からやりなおしたい」とか。


または、「群数列だけいまいち」みたいなニーズにも耐えられます。ちょっとお高いですが、おすすめです。
開智塾の授業では、特に映像のBW数学と合わせて使うととても効果的です。



さらに、数学が超絶やべー人用の参考書です。偏差値40以下。

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E8%A9%A6%E9%A8%93-%E3%82%84%E3%81%95%E3%81%97%E3%81%84%E9%AB%98%E6%A0%A1%E6%95%B0%E5%AD%A6-%E6%95%B0I%E3%83%BB-%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AE-%E3%81%8B%E3%81%9A%E3%81%B2%E3%82%8D/dp/4053042569/ref=pd_sim_14_4/358-9501042-0273866?_encoding=UTF8&pd_rd_i=4053042569&pd_rd_r=a2c1833c-3db0-11e9-a7a1-af7ab6d914b8&pd_rd_w=qjlI9&pd_rd_wg=Nhw6h&pf_rd_p=b88353e4-7ed3-4da1-bc65-341dfa3a88ce&pf_rd_r=822JGYYFQ3MP3Q2KE95A&psc=1&refRID=822JGYYFQ3MP3Q2KE95A

センター試験 易しい高校数学。色が白なので区別がつきます。こっちの方がさらに問題のレベルが下です。


このレベルでなければならない人は、1からやるべきです。高1ならいいですが、新高2or新高3の人だとすれば、まずはセンターで全国平均(偏差値50)を目指しましょうのレベルの人です。


このレベルの人達、きっと数学嫌いですね。というか、もうわけわかんないですね。ひょっとすると、ぶっちぎり賢い進学校に通ってて、だからこそ分からなくなってしまった。。。なんて人もいるかも知れません。


そんな人でも、まずは諦めないでください。


受験は何教科ですか?国立だったら最大9教科あります。古文だ漢文だ分けて行けばもっとありますね。


で、数学は、どのレベルを目指しますか?100点ですか?いやいや、そんなん畏れ多いですね。


そこポイントです。数学は、特にセンターは、100点を取ろうとするととても大変です。90点でも大変です。でも、50点とか60点ならそこまで大変ではありません。まじで教科書レベルが出来れば60点くらい行きます。


そして、全国平均はそこです。


得意にはならなくても、足を引っ張らない程度には出来る。これは出来ます。


もう少しわかりやすい例を出すと、進研模試だったら各問の(1)は取りたい。そして(2)の半分いければ、もう全国平均です。進研模試(100点中)20点とか30点の人は、そこで躓いているはずです。


大事な事なので繰り返しますが、受験は多教科での戦いです。


「得意 or ここで稼ぎたい」科目

「うまく行けば一発狙える」科目

「足は引っ張りたくない」科目


に分類しましょう。先ほどは数学を例に出しましたが、実際は人それぞれですね。


で、次に勉強時間の時間配分です。

勘違いしがちですが、各科目の時間配分は、得意とか苦手とかで判断してはいけません。


判断の軸は2つです。


配点が大きい科目>>>>配点が小さい科目

満点までの余地が大きい科目>>>>満点までそれほど余地がない科目


この2つの軸で考えてください。

力を入れる順は、以下の表に従いましょう。


0728.jpg


例えば、マーク模試で古文が30点、英語が140点とします。得意か苦手かはおいといて、どちらに力を入れるべきでしょうか。


古文は、満点が50点です。30/50です。あと20点しか伸ばせません。満点はかなり難しいとすれば、実質あと10点くらいしか伸ばせません。


英語は、200点満点です。140/200です。あと60点あります。9割もなかなか大変。8割を目指せばいい。それだけで20点プラスできます。



古文で20点を増やすとなると、もう満点狙うしかない。でも、英語だったら8割狙うだけでいい。7割取れているとすれば、8割は決して不可能じゃない。



ようするに、どれが1番点が稼ぎやすいか、今から上げやすいか、なんです。それが戦略です。そこには得意とか苦手とか、ありません。入試では、受験勉強を好きになって欲しいなんて思ってない。点を取れるか取れないか、それだけです。最も点を取りやすい、上げやすいところから攻めるのは当然の戦略ですね。



でも。人間弱いので、つい得意な科目や好きな科目ばっかやってしまう。先の例だと、数学が苦手な人はつい避けてしまう。出来る気がしない。物理やら化学やらもありますよね、そういうの。



ですから、少し考え方を変えて、


「嫌いは嫌いだけど、とりあえず足を引っ張らない程度には持っていく」
「1番点数を上げやすい、余地の大きい科目だからそこだけは頑張る」


と考えて見て、時間と労力を投入してみてください。恐らく、最も結果も出やすいはずです。応用よりも基礎の方が上がりやすいのは自明。



受験勉強には絶対に戦略が必要です。何も考えず、上がりもしない科目に時間を使ってはいけません。英語が好きだからといって、マークで180超えたらもうこれ以上時間の配分(割合)を増やしてはいけません。マーク取れてて2次がある人は、さっさと2次の勉強に切り替えていきましょう。マークの勉強は時々でいいです。


何をやったら1番上がりやすいのか、よく考えて勉強しましょう。そしてその手のツールは、結構あります。


posted by 塾長 at 20:57| Comment(0) | 日記

2019年03月02日

塾講師冥利に尽きると言えば/勉強の楽しさって



関市内の某中学校3年生。学年1番の子との会話です。


入試前なので、授業も比較的基礎〜普通レベル中心の確認が多く、「問題が簡単で退屈でしょう?ごめんね〜」なんて言ってみたら、



「いえ、授業、ホント面白くて!」



「んんんん??」



「いままで『何のためにこんなのやってるんやろ?つまらんな〜』って思いながらやっていたんだけど、原理というか理屈からきちんと教えてくれるから、『なんで』が分かってホント面白いです!!」



学年1番の頑張り屋さんに言われると、これはうれしいですよ。逆に、そういうところにきちんと目をつけてくれるからこそ、学年1番ってことになるのでしょうね。


みんながみんな、こんなEテレのような理想的な展開になるわけじゃないですが笑、塾講師冥利に尽きる瞬間です。




勉強が出来る子たちは非常に忍耐強くて、もうとっくの昔に理解したことを何度も何度も繰り返し説明されたり繰り返し発表させられたりすることに慣れています。授業とはそう言うものと心得ています。けなげですね。(内申点があるからしゃーないとも言う)



塾も、きっとそう言うところだと思っている方がほとんどでしょう。生徒はいろんな成績が混じっていることが普通ですからね。クラス分けしたところで、教える人間が偏差値55ってのはよくある話。それじゃあ、偏差値65とか70の子は、学校と同じでつまんないわけです。



だから、そこはすごく気をつけています。「つまらなくてごめんね」とは言っていますが、学校のテストで100点を取る子も、80点の子も、両方が「来て良かった」と思える時間にするよう苦心しています。明らかにこれは努力しています。そこが開智塾の努力ポイントです。


普通の塾だとなかなかできないポイントですが、なぜ出来るか。理由は2つあります。


まず講師の学歴が高い事。
そもそも勉強分かってる人じゃないと、教えられないです。当然ですね。これは話すと長いので割愛します。ちょっと前に書いた気がしますので。(勉強が出来なかった人ほど、出来ない人の気持ちが分かる。は本当ですが、気持ちが分かるだけで出来るようにして上げることは出来ません笑。逆に、頭のいい人は頭のいい人の気持ちもそうでない人の気持ちも分かります。最初は分かっていなくてもすぐつかみます。そして両方教えられます。医学部の学生とか、マジ賢いです。)


もう一つは、対象とする生徒の5科目合計での点数幅がせいぜい100点くらいしかないことです。これでも広いくらいです。私たち塾講師は、何十人も座っているクラスをコントロールし、一人一人を分からせて成績を伸ばす力を持っていません。そういう専門教育を受けていませんし、それをメインでやっている学校ですら、ティームティーチングやクラス分けなどの手法で何とかしている、それですら苦労されているのが実態なのに、塾講師にそれを超えることなんて出来るわけがありません。



多くの保護者様は、きっと「塾に行けば、学校と違って面白い切り口とか惹きつける授業で生徒の成績を伸ばしてくれるのだろう」と思っていらっしゃると思います。


それが求められるのは、平均点以下のお子さんです。この点数帯のお子さんは、そもそも勉強をすること自体に困難を抱えている事が多いですから、無理に座らせてやろうとするとそのためのエンターテイメント性が求められます。ただし、成績が伸びるかどうかとは別です。全く何もしなかった時よりはマシになるかもしれません。


平均点以上の子たちは、「学校にない特別な方法」なんてものは、あっても意味をなしません。そこから先は、そんなインチキ技ではなく、正攻法できちんと勉強している子たちがひしめき合っている世界です。まして進学校に行こうとする子が、中学校の勉強でチート使って高校に入ったところで、大学入試に対応できるはずがないんです。子供だましじゃ大学は無理です。


ですから、真っ当に理屈を理解し、原理を分かって複雑な問題を解決する力(応用力)を養わなければなりません。


学校の先生は、それを分かった上で、様々な点数帯のお子さんのために、カットしてカットしてカットして、本当のエッセンスのところのみ伝えることがまず第一の仕事になります。これはすごいことです。方程式を使わず式を立てること、小学生を教えることの難しさを感じたことがある方は多いと思いますが、ほぼ全ての教科でそれをやってのけるのが学校の先生です。スゴイです。



僕ら開智塾は、逆のアプローチです。なぜなら、生徒の層が違うからです。



ある程度の点数以上の子たちは、インチキチート技なんて求めていませんし、学校でやるような基礎基本は大抵抑えています。ですから、小技で喜ばれるのはせいぜい丸暗記単元の覚え方くらいなもんでしょう。ほっとけば自分で作って覚えちゃいますが、作ってあげたら喜ぶ。そのくらい。


そんなことより、なんで空気が膨張したら温度が下がるのかとか、なんでwantはto不定詞しかとらないのかとかを説明して上げた方が遥かに面白いし、後の勉強に生きるんです。megafepsもいいですが、to不定詞と動名詞はどう違うのか。それをきちんと話して上げた方が、学年20番以内の子には遥かに生きる。



勉強の楽しさというのは、点数帯によって違います。funnyとinterestはきちんと分けなければいけません。トップクラスの子たちの抱える不幸を少しでも解消して、「勉強 is interesting」と思ってもらえるならうれしいですね。



※ですが、勉強はそもそも「楽しくなくたって、やんなきゃいけない事はきちんとやりきる」ことを学ぶ場でもあると思います。「好きな事なら頑張れる」みたいなアホなフレーズは、本当に今の若い子をダメにしていると思います。


posted by 塾長 at 00:00| Comment(0) | 日記

人類の系統

遺伝学的な人類の系統のお話。


ネイティブアメリカン(我々の時代は「インディアン」と言っていましたが)とか、南米の種族がモンゴロイド的なのは、以下の画像を見るとすごくわかり易いです。

https://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroup#/media/File:Migraciones_humanas_en_haplogrupos_de_ADN-Y.PNG


この画像の元ページの記述によると、グループQは約32000年前に中央アジアに発生したということです。

そこからユーラシア大陸東端へ、さらに氷河期(1万年前など)の頃ほぼ陸続きだったベーリング海峡を渡って北米へ、そこから南下したと考えられています。

https://en.wikipedia.org/wiki/Human_Y-chromosome_DNA_haplogroup


コロンブスやアメリゴベスプッチがネイティブアメリカンを見て「インディアン!」と(叫んだかどうか分かりませんが)思ったのも宜(むべ)なるかな。




ところで、現在でも、いまだアマゾンの奥地などに文明とほぼ交流していない民族が存在しています。


https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/122600496/


こういった種族に無理に関わろうとすると、お互いにとって不幸な結果を招きます。


文化の保存等々はもちろんのこととして、もっと直接的に

【宣教師を殺害したインド孤立部族、侵入者拒む歴史】
https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/18/113000522/


のような事であったりとか、

【白人がもたらした死の伝染病はしか、生き延びたアマゾン先住民の新たな戦い】
http://www.afpbb.com/articles/-/3148994


のようなことが起こるので、ブラジルをはじめこうした部族が確認されている国では、勝手な接触を禁じる法律を整備していたりもします。病原に対する抗体を持たないのですね。


上記の例に出ている「はしか」も、ちょうど日本で感染拡大が懸念されています。アマゾンの部族に限らず、抗体を持たないのですから、我々も気をつけなければいけません。


【大人の麻疹(はしか)―あなたは抗体を持っていますか?】
http://www.do-yukai.com/medical/105.html


今からでもワクチンを接種した方がいいようですね。


※麻しん(ましん=はしか)うっかりアサシンと読まぬよう。

posted by 塾長 at 00:00| Comment(0) | 日記

2019年02月26日

期末テストの点数アップ

「点数なんて、いくらでも上がるんですよ」と言った手前、成果報告を。


今度のチラシに載せるのですが、

那加中1前期中間後入塾→後期期末475(+55)
桜丘中2後期中間後入塾→後期期末458(+65)
蘇原中2後期中間後入塾→後期期末440(+50)etc
全て本当の結果です(1の位の数字は変えてあります

ただし、ここで述べたとおり、上げることは難しくない。それは確かなのですが、その後は本当に難しい。


例えば今回、開智塾那加桜丘校の中1は、ついに全員が400点を超えました。
480点越えを筆頭に、平均点が440点を超えています。


上がった子もいます。が、下がった子もいます。隠しません。


このあたりをどう考えているか、書いてみたいと思います。


よく塾生にも保護者様にも言っているのですが、±10点20点程度は、誤差だと思っています。問題の内容によって、体調によって、天気によって、星の巡りによって、その程度の点数は動きます。だから、10点上がるのは喜ぶことではないし、逆に10点下がって泣くほどのことでもありません。



そんなことより大事な事は、10点や20点を上下する世界から、いかにして抜け出していくかなんです。



最初に書いたとおり、上がるときは50点とか上がります。これが「上へ抜け出す」ということです。



そのためには、いくつか段階があります。今、お子さまがどの段階か冷静に考えて見てください。



その1 (例えば)400点以上430点くらいの間をうろうろする段階
→これは、「400点以上が安定して取れている」と見てください。悪いことではありません。が、抜け出すのが大変な状況であるのは確かです。

その2 うろうろする点数帯が20点くらい上がってきた段階
→爆発前です。例えば380点くらいだった子が、398点とか取るようになってきた、みたいな。おしい!!

その3 いいかげん、「そこら辺の点数をウロウロするのがイヤになってきた」段階(もちろん本人が、です)
→ここが1番大事なタイミングです。変わるときです。僕たちは、ここを見逃したくない。ここを捕まえたい。



この「その3」の段階に来た子には、ここぞとばかりに弱点を指摘してそれを直すために何をしたらいいか、具体的な行動指針を授けます。開智塾に来ている子は、「行動指針を授けられているな(命令されているとも言う笑)」というのを幾度となく見てきているはずです。



どうでしょう?今回成績を上げた子、普段見ていたら分かりますよね。明らかに「(勉強を)やってんな、こいつ」って。次は君の番だよ。まじで。塾生一人一人全部気にしているってのは、嘘じゃない。必ずどこかでキミにアタックを掛けます。






posted by 塾長 at 00:55| Comment(0) | 日記

2019年02月25日

生徒を伸ばしてくれる大学

出所がアレなんでどの程度信用するかというのもあるのですが、
おおむね同意です。

https://toyokeizai.net/articles/-/166448?page=4


特に、金沢工業大学や東京理科大学は近年すごく力をつけていて、近畿大学(マグロ大学)の次に来るのはこの二つ(というか、理科大は元々レベルが高いので金沢工業は特に)と言われていたりします。それはつまり、就職の時に有利ということを意味します。



進学の際の参考に。



※いつから東北大は生徒の面倒を見るようになったんだっていう笑

posted by 塾長 at 21:13| Comment(0) | 日記

2019年02月23日

中央大学法学部法律学科

すごい!!!

関高生スゴイ!!!

posted by 塾長 at 23:45| Comment(0) | 日記

2019年02月21日

大学入試途中経過(国公立2次試験前)

近年私大が難化してるとかなんとか。

おかげさまで今年の開智塾はこのありさま(良い意味で)です。



関校

関高生
岐阜大学医学部医学科(地域枠推薦)

武義高生
富山大学都市デザイン学部都市交通デザイン学科(AO入試)


私立(関高・武義高色々です)

東京理科大学理学部第一部応用化学科
東京理科大学工学部機械工学科
明治大学農学部農芸化学科
同志社大学理工学部環境システム学科
立命館大学法学部法学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部ロボティクス学科
立命館大学理工学部環境都市工学科
立命館大学理工学部生物工学科
名城大学薬学部薬学科
東京農業大学応用生物学部醸造科学科
東京農業大学応用生物学部醸造科学科
北里大学理学部生物科学科
北里大学海洋生命科学部海洋生命科学科
和光大学経済経営学部経営学科
南山大学法学部法律学科
南山大学法学部法律学科
南山大学法学部法律学科
中京大学法学部法学科
中京大学経営学部経営学科
中京大学経営学部経営学科
中京大学経営学部経営学科
中京大学総合政策学部
中京大学現代社会学部社会学専攻
名城大学経営学部経営学科
名城大学経営学部経営学科
名城大学理工学部機械工学科
名城大学理工学部情報工学科
名城大学農学部応用生物化学科
愛知淑徳大学人間情報学部人間情報学科
愛知学院大学心身科学部健康栄養学科
金沢工業大学工学部機械工学科
名古屋学院大学経済学部経済学科
中部大学応用生物学部環境生物科学科
長浜バイオ大学バイオサイエンス学部フロンティアバイオサイエンス学科
長浜バイオ大学バイオサイエンス学部フロンティアバイオサイエンス学科
福山大学生命工学部海洋生物科学科
福山大学生命工学部海洋生物科学科


那加桜丘校

国公立

岐阜北高
名古屋工業大学工学部生命応用化学科(推薦)

私立

立命館大学理工学部環境都市工学科
立命館大学理工学部機械工学科
立命館大学理工学部ロボティクス学科
名城大学理工学部機械工学科
金沢工業大学工学部機械工学科
中部大学工学部機械工学科

posted by 塾長 at 17:33| Comment(0) | 日記

2019年02月19日

おおおう



某塾から変わってきてくれた桜中の中2さん。


前回400切っちゃってたのに、今回一気に450点越え!!


やはり、塾に来てくれて最初の1回のテストは特に緊張する。でも結果が出て良かった!!


ポテンシャルは証明されたので、大事なのはこのあと「慣れ」が出てきても今の状態を維持できるか。



今回のテストは、頑張って今までの弱い自分を断ち切って点数を上げてくれている子がたくさんいて、これは素直にうれしいです。



ちなみに、上記の「いきなり50点以上上げる」ことは、全然珍しくありません。


別に、「開智塾だからできた」と偉そうに言うつもりも全然ありません。


本当に、正直な気持ちとして、きちんと導いてあげれば、これくらいの点数帯の子は1回で50点から100点くらい上がります。それが出来ない、そんなの信じられない、見たことないってんなら、向いてないです。塾講師やめてください。生徒・保護者が不幸になります。


やる気やらタイミングやらやり方やらがバチーッとハマれば、それくらいはどーってことないんです。



そこまで持っていく事、そのタイミングを見極めること、そしてその後維持すること、さらに上昇すること。


課題はたくさんありますが、「点数を上げる事」自体は課題ではないのです。実は。


そして、生徒はみんな「お父さんお母さん、点数上がったよ!」って言いたいんです。それを手助けするのが塾の仕事やんな?


posted by 塾長 at 00:14| Comment(0) | 日記