2017年05月10日

興味をもつということ

新中1、新高1を中心に最近多く入塾いただいております。

体験授業に来ていただいた際に面談をさせていただくのですが、ご家庭で「興味を持たせる」ということを熱心にされている保護者様にお会いしました。

「○○ということに興味があるようで、こういう仕事があるよとは言ってみるんですがどういう大学や学部があるのかが知識がなくて・・・」

といったお悩みをいただいたので学部についてご紹介させていただいたのですが、「興味を持つ」ということって意外と難しいですよね。(特に学年が上がれば上がるほど)

例えばですが、小学生の英語の授業ではアルファベットの大文字・小文字をやる際に大文字と小文字の区別をつけるために「Canada」という単語を書いた上で「カナダってどういう国か知ってる?」と聞いてみます。
そうするとたいてい「えー、知らーん。」と返ってきます。
「じゃあ、英語とは直接関係ないけど調べてみようか〜」といってみると・・・

埋め込み画像 4


こんなに調べてきてくれています。

知らないことを知っていきたいと思えることが「興味を持つ」第一歩だと思います。

参考までに理科のことでYoutubeでこんなの見つけました。



物理、化学への入口として不思議だな〜というところ大事かなと思いますし、メッセージが熱くていいなと思います。
posted by 塾長 at 23:56| Comment(0) | 日記

2017年05月09日

H28スゴイヤツラ!








毎年恒例の「スゴイヤツラ表彰」
開智塾では学校のテストで上位に入ったり、塾内のテストで上位に入ったりすると☆がもらえます。
☆を10個以上ためると、なんとお菓子がもらえるのです!

ためるのが難しい、この☆……
1度は学校の定期テストで3位以内や、塾内テストで3位以内に入っていないと10個以上もためられません。

だからこそ、スゴイヤツラ。
だからこそ、自然と拍手が巻き起こります!

今年は19名の生徒が10個以上の☆をためることができました!

☆10個
関校舎小6K・Oさん
関校舎中1H・Nくん
関校舎中1T・Kくん
関校舎中2F・Sさん
那加桜丘校舎小5S・Aくん
那加桜丘校舎中2F・Hさん
那加桜丘校舎中3J・Mくん
那加桜丘校舎中3Y・Kさん
那加桜丘校舎中3K・Fくん
那加桜丘校舎高1M・Mさん
那加桜丘校舎高1Y・Iさん
蘇原中央校舎小5S・Iくん
蘇原中央校舎小6M・Iさん
蘇原中央校舎中2A・Iさん
☆20個
関校舎中1R・Kくん
関校舎中1R・Iさん
関校舎中2C・Oさん
関校舎中3G・Yくん
蘇原中央校舎中3S・Yさん









みなさんおめでとうございます!

みんなが尊敬するスゴイヤツラたち。
誰が今どれだけ☆をためているのかは、校舎の大きな紙でチェックすることができます。
頑張っている子が目に見える「お手本」になってくれている開智塾だからこそ、頑張れる。
素晴らしい環境です。

5月13日(土)、14日(日)には塾内テストがあります。
上位を目指して☆をもらっちゃいましょう!
posted by 塾長 at 14:22| Comment(0) | 日記

2017年04月23日

no-title

開智塾では小学校4年生から高校3年生までの指導をしています。

小学校4年生だと、まずは勉強習慣をつけようということが大事になってきます。
この勉強習慣という言葉自体が小学校4年生からすると難しいんですけど。

要するにどうやって勉強をするかという計画を立てるとかがなかなかできないものです。

そんななか、4月から入ってくれた小学校4年生のYくん。

4年生の授業は3月の春期講習からスタートしていましたので、他の子と比べて2回分くらいテキストに空きがありました。

どんどん勉強進めていきたいと自分から言ってくれたので、先日の国語の時間にページを指定してみました。

すると、「じゃあこうやってやってくる」とページの上にこんなことを書き始めました。

埋め込み画像 1

一目瞭然ですが、やる曜日を書いてあります。

小4の段階から自分でどれだけやるか計画を立てることが出来る。
素晴らしいですね。

大人から見れば、一日1ページって少ないじゃんと言ってしまいそうな場面ですが、ここは上手にいいます。

「Yくん、やる気もあるし、めっちゃできるやん!」
「うん」
「1ページやるのにどれくらいかかるの〜?」
「15分くらいかな」

彼は授業1時間前くらいに来ています。(ニヤリ)

「おぉ、じゃあ1ページ終わったら次どんどん進めれるんじゃない?」
「あぁ、うん。」

というわけで計画以上にやっていこうとなりました。

今後が楽しみです。


お次は高校生。

高3は受験勉強を早くからスタートしていて、進めている問題集も順番に終わってきています。もちろん次がありますが。

高3のKくんは模試の英語の和訳のところで減点をもらいやすい子です。

彼の場合長文の内容は読めてるのに減点をもらう解答を書いてしまう…そんな弱点克服のために問題を進めて来ました。

一冊やりきり、さあ次を!ということで一冊終わった記念&新しいのスタート記念に記念撮影(?)

埋め込み画像 4

これから高3は模試が月一であります。

頑張ろう!
posted by 塾長 at 14:49| Comment(0) | 日記

2017年04月17日

那加桜丘校の新高校生

今日は授業もなかったのに、しかも土砂降りの大変な天気だったのに、たくさんの子が自習室に勉強しに来ていた!



これが続いてくれたら、受験の勝ちは決まったようなもんなんだけどな〜!!



せっかくきたら一つでも二つでも質問して帰ろう。する子は毎日たくさん質問しに来てくれてます。もちろんそれなりに時間はかかるんですけどね。自分で勉強する「自習」の効率化のためには、分からない所はさっさと質問するってのが手っ取り早いんですよ。
posted by 塾長 at 23:25| Comment(0) | 日記

2017年04月12日

親塾@那加桜丘ありがとうございました!

親塾「勉強の仕方させ方」@那加桜丘校。

oyajuku1704.jpg



ご覧の通り、たくさんの方にお越しいただきました。ありがとうございました。
90分間、ほぼノンストップでしゃべらせていただきました。




内容が多かったので、話があっち行ったりこっち言ったりですが、それはいつものことですので。色々お話ししたなかで一つでも二つでもお役に立てることがあれば幸いです。




大学入試まで長いようで短い時間をどうやって過ごしていくか、勉強をどう習慣付けしていくかとても大切な事だと思います。





途中で少しお話ししましたように、国語の勉強の仕方や暗記科目の勉強の仕方なども昨年度に引き続きどこかでやりたいと思いますのでまたご案内いたします。




次は5月6日@関校で、同じ内容の親塾があります。関美濃地区の方ぜひご参加ください。

posted by 塾長 at 21:40| Comment(0) | 日記

2017年04月11日

こう言っていただけるとうれしいです

ちょっと前に、新しく入ってくれたある子のお母さんからメールをいただきました。
勝手ながらご紹介を


//////////////////
○○○○母です。4月からお世話になっております。大変環境が良く先生方も熱心に教えてくださり、モチベーションが上がったと喜んでおります。
以前より勉強時間が多くなりました。大変質問しやすい距離に先生がみえ本当に有難いです。
今日も、学校から直接 塾へ向かい自習させていただいています。授業での塾生の皆さんの勉強に向かう真剣さにも感銘を受けているようです。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。
//////////////////


なにがうれしいって、「こういう塾でありたい」と思っている事に、きちんと気づいて頂いているということ。先生と生徒の距離や、自習室での周りの空気。


自分だけで戦うのは大変だけど、みんなの空気が後押しをしてくれるということが受験ではとても大切だと思います。



たとえがいいのか分かりませんが、浪人するときに自宅で1人で黙々とやるのと、毎日予備校に通うのとどっちがいいかというのに似ていると思います。予備校に行くことでいいのは、授業なんかより同じ境遇の者どうしで切磋琢磨できることですよね。昨年とあるお母さんがおっしゃっていました。「予備校ってもっと色々な情報?みたいなものがあるとおもったのですが、そうでもないですね…」と。そう、これだけ偏差値がはっきりしていて、模試も偏差値表もある世の中で、情報なんてのは何の意味もありません。誰もが手に入るものに価値なんぞないんです。大切なものは、手に入れられないなにか、です。受験では、「共に戦う空気」だとおもいます。





サボりたくなっても「うわ、あの子めっちゃやってる…」ってなることが大切です。サボりたくなったときにサボっている子だらけの環境だと、駄目になります。だから自習室が「シーン」としていることに超こだわっているんです。静かだし、すぐ聞けるし。それが大切なんです。開智塾の京大、名大、東北大始め上位大学卒業講師は、みんなが同じ事を言っています。きっと、キチンと勉強してきた人は知ってるんです。
posted by 塾長 at 23:38| Comment(0) | 日記

新高1が始動しています!

すでに各学校の入学式が終わりました。



で、もう何人かが、中学までと違い、質問に来たり、どんどん勉強を進めたりしています。



高校入試前の勉強を継続している感じですね。




数学で言えば、Aの集合のあたり、Iの展開因数分解のあたり、もう入試問題に近いレベルまで出来てきています。




これからどんどん内容が難しくなっていきます。岐高でも北高でも、3分の2くらいの子は数学がなにをやっているか分からなくなってくるでしょう。そのなかで何とかついて行けてる…?がその半分。学年の3分の1くらいはさっぱり分からなくなるでしょう。





ここに来てくれている子たちは、ほとんどの子が何とかなっていくでしょう。どだい、完全理解完答なんて無理なのが高校の勉強。この「何とかなっていくぞ?」みたいなのが大切で、1年くらいしたら圧倒的な差でもって「おぉ、おれ大丈夫だわ」ってなっていきます。



そこから、こんな少ない人数の塾でも毎年旧帝大に合格する!と言う実績につながっていきます。



まずは最初の1年、頑張りましょう!最初の1年で勝負はつきます。




posted by 塾長 at 23:28| Comment(0) | 日記

2017年04月05日

高校生自習室は今日も満員@那加校舎

高校生の春休みが間もなく終わりを迎えます。
学校の課題はほぼほぼ終わり、あと作文だけみたいな子がほとんどです。

それでも学校の課題テストで点数を取るために課題のやりなおしや、新高1で言うとまだ習っていないところをなんでこうなるのか質問に来てくれています。

毎週水曜日の那加校舎ですが、高校生が全学年授業があります。

そんな授業後、ふと中学生自習室に新高1Aさんの姿がありました。
てっきり中学までの習慣で間違って座ってるんだと思い、

「もう高1やで下でやろか〜」
「あ、いや下行ったけどいっぱいだったんで、避難してきました〜」

本日は授業後も自習室満員御礼!
(写真を撮る前に、講師を見つけるやいなや質問の列ができてしまい写真はありません・・・)

数学の図形の問題だったり、英語のならってない文法だったり、やっぱりわからないままだと気持ち悪く感じるんでしょうね。

月曜日からの新生活いいスタートが切れるように、春休みラストスパートです!
posted by 塾長 at 23:40| Comment(0) | 日記

2017年03月22日

大学入試結果 (3/28追記)

国公立
大阪大学経済学部経済学科
名古屋大学経済学部経済学科
岐阜大学医学部医学科
岐阜大学応用生命科学部
岐阜大学地域科学部
富山大学薬学部創薬科学科
金沢大学理工学部自然システム学科
広島大学理学部生物科学科
金沢大学文学部人文社会学科
富山大学経済学部経済学科
静岡大学工学部化学バイオ工学科
群馬大学理工学部電子情報理工学科
名古屋市立大学経済学部経済学科
広島市立大学情報科学部知能工学科
富山大学芸術文化学部建築デザイン学科
富山大学工学部環境応用化学学科
岐阜県立衛生専門学校第一看護学科

私立
早稲田大学政治経済学部経済学科
明治大学政治経済学部経済学科
同志社大学経済学部経済学科×3
関西大学 社会学部 社会システム学科
関西大学 総合情報学部 総合情報学科
関西大学総合情報学部総合情報学科
立命館大学経済学部経済学科×3
立命館大学生命科学部応用科学科×2
立命館大学生命科学部生命医科×2
立命館大学生命科学部生命情報科
立命館大学文学部地域研究学域
南山大学理工学部ソフトウェア工学科
南山大学理工学部機械電子制御工学科
南山大学経済学部経済学科
南山大学理工学部機械学科
南山大学人文学部日本文学科
南山大学理工学部機械電子制御工学科
近畿大学理工学部応用化学科
芝浦工業大学工学部機能工学科
名城大学農学部応用生物科学科
名城大学理工学部機械学科
名城大学理工学部電気電子学科
名城大学経済学部経済学科
名城大学都市情報学部都市情報学科
名城大学経済学部経済学科
名古屋外国語大学外国語学部英語教育学科
愛知大学経済学部経済学科
中部大学工学部情報工学科
中部大学工学部建築学科
金沢工業大学環境建築学部建築デザイン学科
藤田保健衛生大学医療科学部臨床検査学科
大同大学工学部情報工学科
愛知学院大学心身科学部健康科学科
中京大学経済学部経済学科×2
東邦大学理学部情報科学科
愛知工業大学理工学応用化学科
藤田保健衛生大学医療科学部看護学科
藤田保健衛生大学 医療科学部 リハビリテーション学科 理学療法専攻
岐阜聖徳学園大学看護学部看護学科
岐阜医療科学大学保健学部看護学科
金沢工業大学環境・建築学部環境土木工学科
金沢工業大学工学部情報工学科×2
金沢工業大学工学部電子情報通信工学科
愛知工業大学工学部機械学科
平成医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻






.
posted by 塾長 at 00:01| Comment(0) | 日記

2017年03月17日

高校入試結果 岐阜5校驚異の85%!

岐阜学区

岐阜高校 6/7
岐阜北高校 4/4
加納高校 8/8
岐山高校 4/5
長良高校 1/1
各務原西高校 2/2

岐阜学区5校 23/27 85%!!←これスゴイ


中濃学区

関高校 12/12
武義高校 3/3



確かにスゴイです。自分で言うのも何ですが、こんな塾はないでしょう。
(下に小さく+各務原西とか書いてませんから笑)



でも、何度も言いますが、高校入試は通過点に過ぎません。



合格しただけで満足してずるずる成績を落として3年後大泣きの子もたくさん見ました。

逆に、高校入試で落ちて、3年後に「あのとき落ちて良かった」と言った子もたくさん見ました。(U作元気かな?)




受験ということで言えばゴールは間違いなく大学入試です。3年なんてあっという間です。
今日からスタートです。開智塾が合格発表の次の日には授業を開始するのは、そう言う意味です。頑張りましょう。ここからは何のいいわけも出来ません。全部自分に返ってきます。
posted by 塾長 at 18:05| Comment(0) | 日記

2017年03月10日

大学合格


国公立
大阪大学経済学部経済学科
名古屋大学経済学部経済学科
岐阜大学医学部医学科(地域枠)
富山大学薬学部創薬科学科
金沢大学理工学部自然システム学科
広島大学理学部生物科学科
富山大学経済学部経済学科
名古屋市立大学経済学部経済学科
広島市立大学情報科学部知能工学科
富山大学芸術文化学部建築デザイン学科
群馬大学理工学部電子情報理工学科
岐阜大学地域科学部(センター推薦)
富山大学工学部環境応用化学学科

私立
早稲田大学政治経済学部経済学科
明治大学政治経済学部経済学科
同志社大学経済学部経済学科
明治大学政治経済学部経済学科
同志社大学経済学部経済学科
立命館大学経済学部経済学科
立命館大学生命科学部応用科学科
立命館大学生命科学部生命医科
立命館大学生命科学部生命情報科
立命館大学生命科学部生命医科
大同大学工学部情報工学科
中部大学工学部情報工学科
愛知学院大学心身科学部健康科学科
芝浦工業大学工学部機能工学科
近畿大学理工学部応用化学科
立命館大学理工学部応用化学科
同志社大学経済学部経済学科
立命館大学経済学部経済学科
関西大学総合情報学部総合情報学部
立命館大学文学部地域研究学域(センター利用)
南山大学理工学部ソフトウェア工学科(指定校推薦)
南山大学理工学部機械電子制御工学科(指定校推薦)
藤田保健衛生大学医療科学部看護学科(一般入試)
愛北看護専門学校医療専門課程看護学科(指定校推薦)
金沢工業大学環境・建築学部環境土木工学科(AO入学)
金沢工業大学工学部情報工学科(公募推薦、スカラシップメンバー)
金沢工業大学工学部機械工学科(公募推薦)
愛知工業大学工学部機械学科(公募推薦)
平成医療短期大学リハビリテーション学科作業療法専攻(公募推薦)
岐阜県立衛生専門学校第一看護学科(公募推薦)
藤田保健衛生大学 医療科学部 リハビリテーション学科 理学療法専攻(公募推薦)
関西大学 社会学部 社会システム学科
関西大学 総合情報学部 総合情報学科
名城大学都市情報学部都市情報学科
中京大学経済学部経済学科
名城大学経済学部経済学科
中京大学経済学部経済学科
岐阜聖徳学園大学看護学部看護学科
岐阜医療科学大学保健学部看護学科
金沢工業大学工学部電子情報通信工学科
南山大学理工学部機械電子制御工学科 


東大・京大欲しい〜!!って思う気持ちもありますが、高校進学の中学生にも言っていますが、学校の価値は東大京大の人数ではなく、名大と岐大(レベル)の人数で計ることが大事と言っています。

どこでもトップレベルの子はいます。そう言う子はそれでいいのですが、いざ我が子を学ばせる環境として、東大1人いてあとはスカスカより、全体の水準が大事だと思うのです。だから、旧帝大ランクの指標として名古屋や広島あたり、また、国公立の水準として地元の岐大のランク、このあたりがきちんと層厚くいることを重視しています。

そんなわけで、開智塾はあくまでも「旧帝大・医進クラス」と、「国公立クラス」と言う2本立てが塾としての哲学なのです。

まぁ個人的な経験も大きいんですけどね。ぼかぁ東北大ですが、少なくとも東大に何百人も入った映像授業は、ぐーぐー寝るだけで何の役にも立ちませんでしたとさ。そう言うのが自律コントロール出来る子は、相当優秀なんだろうな〜って思います。おりゃあダメだ。



posted by 塾長 at 23:27| Comment(0) | 日記

2017年03月09日

第4回全国模試終了/公立高校入試お疲れ様でした。

第4回全国模試が終了しました。

良かった、悪かった・・・それぞれありますが特に今回は小6(新中1という呼び方の方が正しいか)のお話。

今回の全国模試からクラス分けです。
当然事前に告知してあったので、答案を返す時はいつも以上に緊張した面持ちでした。

そんな中、国語で100点を取ってきてくれた那加校舎のRくん。

埋め込み画像 2

返して第一声こんなことを言いました。

「うわ!国語100点や!苦手やったのに!うれしい!」

点数をさかのぼってみると・・・確かにもっと取りたかっただろうなという点数です。といってもたとえば第1回は82点とか取ってきてくれているんですけどね。

こういうときはここぞとばかりに褒めます。

「おぉ。100点すごいぞ!国語は全校舎1位やぞ(当たり前)!
「うん!」

ここで終わりません。

「上の特進クラスでスタートやな!そういやRくん、高校どこ行きたいんやっけ?」
「岐高!」

はい、よくわかってる。素晴らしい。

トップを目指すということが当たり前、だから勉強しきゃいけない。だから苦手にも立ち向かえる。

彼だけではないです。
那加校舎の新中1、おしくも特進入りを逃した子たちにも、春休みの間にこういうことやっていこうと声をかけていっています

全国模試のたびに今までお母さんに怒られるのが嫌だと言っていたMさん。
呼んで話をしましたが、今までとは目の色が違う。
今回できなかった悔しさと次は取るぞというやる気の目。

良かった子、悪かった子いろいろです。
でも那加の新中1クラス、いい感じです。


**********

あと本日は公立高校入試でした。

早速問題を持ってきて、わからなかったところを聞きに来てくれる子がいましたので問題を見せてもらいました。

模範解答は明日以降に発表なので、あんまり偉そうなことを書くのはやめておきますが・・・

最近の公立高校入試は数学と英語の難易度が上がっているなと感じています。

数学は相変わらず証明問題の難易度が高い・・・でも去年ほどではないかなという印象です。
英語に関しては去年よりもさらに英作文の部分での難易度が上がってきました。
特に今回の最後の英作文は戸惑った生徒も多かったのではないでしょうか。

合格発表は来週。

いい結果期待してます!
posted by 塾長 at 20:42| Comment(0) | 日記

やる気のスイッチなんてあったら困る

初めて来られたお母さんとかには「すごいスパルタ」イメージを持たれていることが多いけど、実際は多分他の塾よりラフな授業だと思います。授業時間=勉強時間が特別な物じゃないから、境目が曖昧だったりすることすらあります。




悪いことでもあるけど、いちいち切り替えを強制される必要がない気楽な空間が上位の子には居心地が良かったりするようです。授業中お茶飲んでもいいし、席も時々くじ引きで席替えするくらいなもんだし。




塾は「はちまき巻いて、起立!礼!」とか「正月特訓!!」みたいな昭和のイメージを根深く持たれていて(実際、『三が日はやっぱり特訓やるんですか?』とかよく聞かれます)、成績がよい子が多いととんでもなく厳しく指導されていると思われがちだけど、そもそも塾というものに持たれているその常識?みたいなものは、実は成績にはなにも関係がないですよね。




はちまきを巻いたって、成績は上がらない。平均点以下の子には一定の効果がある気もするけど(ほっとくと遊ぶので)、開智塾にはそもそも平均点以下がいないから関係ない。点数を取ってる子は、特訓なんかしなくても普段からやってるから大丈夫。




子どもって、たまに何かのきっかけで火のついたように勉強することがあります。いきなり6時間とか。




親は喜ぶんですけどね、「あぁやっとうちの子も少しやる気になった」って。




そんなときこそ、きちんと勉強を途中で切り上げさせて翌日に持ち越させてください。やる気を使い切る前にその日の勉強を終えさせてください。




やる気の波が大きく来たとき、その波の上をカットしちゃってください。その方が長持ちします。




一方で、やる気の「谷」が来たときも、ほっとかないで一定量やらせる事が大事です。塾の授業の時間割が決まっている大きな利点です。やる気があろうがなかろうが、決められたことはやらなきゃいけない。生きていく上でとても大切な事ですよね。





勉強は、やる気の波や、はたまたスイッチ(笑)をいれたらやれるようになるってもんじゃない。どこかにあるはずだから、手変え品変え探してあげる?バカか。勉強ってのは、お風呂に入ることと同じです。面倒くさくても気分が乗っていても、必ず入りますよね。病気の時以外。コンスタントに自らやり続ける事が大切なんですよ。


posted by 塾長 at 15:00| Comment(0) | 日記

2017年03月07日

通信教育

ベネッセの教材は、よく出来ています。



本屋さんで問題集を買うよりはかなりお高めな設定になりますが、自学自習用には最強だと思います。



弱点は2つです。



分量が少ない。問題が標準レベル。




問題のレベルについてはプラスαになるような冊子も時々ついてきますが、そもそもが「自学自習用」ということから考えると、標準レベルに特化しているのは当然で、弱点となっても仕方ない部分でしょうね。




ちなみにタブレット端末を使うのもあるようですが、これはベネッセに限らずですが、タブレットは勉強には向きません。書いたり読んだりめくったり。。。と言う作業が、遥かに紙の方が速く適しているからです。タブレットはサイズが決まっていて余白もなく、ノートのような自由な平面ではないですし。




開智塾に来てくれている方で、「塾以外の勉強で自習用にはなにがいいですか?」と言う話は時々出ますが、塾の宿題をやる際にもう少し基本的な事に時間をかけた方がいい場合には、ベネッセをおすすめする場合もあります。まぁごく稀えすが。




塾の宿題だけでまぁそれなりの分量がありますので、プラスαが必要になる場合はさらなるレベルアップが目的の場合が多いですから、その場合は市販の問題集や塾用教材でおすすめのをご案内しています。そんなに種類は多くないのですけどね。市販物は玉石混交すぎですからチョイスが難しいですよね。ぜひ講師に聞いてください。




posted by 塾長 at 17:44| Comment(0) | 日記

2017年03月05日

プレジデントファミリー誌に掲載されました!


pf.jpg

http://www.president.co.jp/family/blog/diary/2054/2062/



何年か前に見た記事のような気がするのですが小さいことは気にしない!



これ、ホントに唐突に連絡が来てビックリしましたね。こういうのってお金払って載せてもらうもんだとばかり思ってました笑
posted by 塾長 at 20:59| Comment(0) | 日記

2017年03月04日

稼げる職業

先日、受験を控えた中3生@関校に「将来何になりたいの?」と聞いたら、




「ん〜、お金をたくさん稼げる職業」




と返ってきました。最近割と多いですね。直球で収入の話をする子。




「んじゃ、医者かね?」




「医者はちょっと…」




…となると、なかなか他が出てきません。




一昔前なら、弁護士だの会計士だのって言っていましたが、最近はどうでしょう、苦労に見合うほどの収入があるかどうか。




そりゃ、医学部が人気になるはずです。




医者になる場合、大変な労苦が待っているのは間違いありません。収入はいいですが、人の何倍も働かなければなりません。先祖代々開業医のところはいいですが、新たに開業するのはなかなか大変です。医療機器は高額になっていく一方ですし、開業に数億かかるのも珍しくありません。となると一生病院勤務ということになるでしょうが、その際の労働環境をよく知っておかないとビックリってなっちゃいます。




と、言うところは、ちゃんと念頭に置いておきましょう。




医者以外で医者並みに稼げるとなると、外資のコンサルとか、ディーラー(金融)でしょうか。超優秀な大学を卒業してめちゃくちゃ働いて稼いで30代で引退…なんてのも海外じゃたまにあるようです。「YOUはなにしに日本へ」という番組で、山奥に小屋を建てて住んでいる外人がいましたが、このパターンの人です。多分金融資産数億円でしょう。





そこまでいかないでも、一部上場企業のサラリーマンとなると、40歳くらいで年収1000万と言うイメージでしょうか。もちろん業種によりますが。一部上場企業といっても2000社ありますから、ピンキリです。旅行代理店のように、人気があっても収入はトホホな会社もありますので就活の時によく研究しましょうね。





まぁしかし、一部上場企業というのは、「福利厚生がしっかりしている」と言われていますが、施設などがしっかりしているだけで、こと労働環境という点からすれば劣悪な場合がほとんどです。電通や東芝などが例外なのではありません。近年「ブラック」なんて言う言葉が出てきていますが、いわゆる「ブラック度」は、給与に比例します。一部上場企業はサービス残業しまくってます。月100時間〜150時間の時間外労働なんてのは珍しくありません。官僚を初めとする役所も同じです。石油売って儲かる国ではないので、日本人はとにかく働くしかないんですよね。よっぽど中小企業の方が、この点はしっかりしている。




アルバイトの大学生によく言うことですが、「文句を言いながら手を抜くことばかりを考えて働いても、せっかくだからその仕事の中になにか楽しみを見いだすつもりで一生懸命働いても給料は同じ(評価されるに越したことはないですけどね)。どうせ同じなら、後者の方が自分のためになるに決まってる。せっかくアルバイトやるなら、ただお金をもらう以上の物を手に入れてください」と。




こういうことを書くと、「経営者が大学生を騙していいように使おうとしている」って言う人がいるみたいですね。さみしい話です。



posted by 塾長 at 23:38| Comment(0) | 日記

勉強の、大事な時期

「テストで点を取るために、もっとも大事な時期っていつだと思う?」



と中学生に聞くと、たいてい「テスト前」と返ってきます。




「違う違う!!」




と言うと「はぁ?」みたいな感じになるんですが、こういうことです。




テスト前なんて、誰だって勉強するんです。そこでやらないのがどうしようもないだけで。




しかも、テスト前になってようやくエンジンがかかるような子は、そもそも「え?今からそれ覚えるの?基礎じゃん!?」という部分がほったらかしで、じゃあそれをやるかというとたいてい「学校のワーク(提出物)の答え写し」が勉強だったりします。




んなもん、勉強じゃないですよね。





学校のワークやら宿題やら、テスト期間に入る前に終わってなきゃいけない。




これまでも、「塾のテスト対策問題が負担で学校のテスト勉強が出来なくて本末転倒、塾やめます」って人がいました。(最近はさすがにいなくなりましたが)




親は知らないんですよね。子どもが言っている「テスト勉強」ってのが、学校のワークの答えを写す作業だと言うことを。




で、大切なのは「今」です。




「テスト直後、みんなが遊んでる今」が最も大切な時期です。




さらに言えば、実はこの「春休み」は、かなり危険な時期です。




思うに、差のつき具合で言うと、ひょっとすると夏を越えるかもしれません。




春休みは、学校からの課題もかなり手薄です。テキストや問題集の類も、「やらずに捨てちまえば分からない」タイミングです。



みんな夏休みは気をつけるんですよね。長くて、差がつくって知ってますから。



春休み、やっている子とそうでない子の差がすごくつきます。




特に新高1。高校合格して1ヶ月遊びほうける子っているんですよね。




どうでしょう?現在高1、高2、はたまた受験を終えた高3の皆さん。




「1ヶ月、春休みだから遊ぶ」って出来ますか?できないですよねー。進学校に通い出すと、1ヶ月空白を作るなんてとんでもない。




だから、合格発表の次の日から授業を入れるんです。





「少しくらい遊ばせてあげても」




と思うおとうさんおかあさん。進学校、やめてください。




…とまでは言いません笑。子どもは、やらせたってちゃんと遊ぶ時間は見つけますから大丈夫です。




なにも考えず遊びほうけるのと、高校の内容を知って遊ぶのでは全然違うって話なんです。




と、いうわけで。




開智塾では、今年も合格発表のすぐあとから授業をスタートします。




「すぐあとが大事」なのは、学年を問いませんよ!
posted by 塾長 at 00:03| Comment(0) | 日記

2017年03月02日

高校生テストスタート!/来週の今日・・・

高校生のテストがスタートしています!
(一部学校はすでに始まっていますが)

普段よりも質問の頻度が増える時期です。

普段から勉強時間を確保してやっている生徒でも改めてやり直してみるとわからないところが出てきたり、「正解はわかるけど・・・あれ?なんでこうなるんだっけ?」となるところがあったりします。

特に高2生には「もう君たちは受験生だ」と言ってきているのですが、定期テストは”範囲を区切った徹底復習”の機会と考えてやるように言っています。

厳しい言い方をすれば、範囲区切られてできない問題は、入試で出ても解けないってことです。

分からない問題は徹底的につぶしていきましょう。

************
高校生の話題が多いですが、中3生は来週の今日、入試です。

今週末の土日をもって10月頃からずっと続いてきた土日特訓も最終回です。

全20回。

はっきり言って休みの日なんてなかった半年間でしたね。
まだ入試が終わってないですが、ひとまずお疲れ様でした。

難しい問題もたくさん当たってきました。
毎週全校舎のランキング貼りだしてやってきました。
思うように点数が取れなかった時もあったと思います。

これだけやってきたんだということは誇っていいことだと思います

土壇場で緊張しても、土日特訓のこと思い出してみてください。
頑張れ、中3!


・・・あ、合格発表終わったら即「高校準備講座」あります。
高校に入ることはゴールじゃない。だから、いいスタート切れるようにきっちりサポートしていきます!
posted by 塾長 at 17:30| Comment(0) | 日記

2017年02月23日

高1,2生テスト期間まっただ中/週末は・・・


中学生のテストがひと段落し、次は高校生です。

高1,2年生がテストに向けて頑張っています。

今回もたとえば英語で言うと、各高校のテスト範囲に合わせたプリントを作成しています。

埋め込み画像 1



特にわかりにくそうなところをピックアップして問題を作成しました。

このテスト前の時期になると、「あれ?ここどうだったっけ?」って内容が多く出てきたりします。

というわけで、毎回恒例となりました「質問解決団」!
今回も実施です。

関 2/25(土) 高1生 14:00〜 高2生 15:30〜
美濃 2/26(日) 高1生 14:30〜 高2生 16:15〜
那加 2/25 (土)14:00〜

上記の時間からスタートです!

********
今週は塾では質問解決団なのですが、高3生にとってはもっと大きなイベントがありますね。

いよいよ前期試験です。

いままで積み重ねてきたことを存分に発揮するときです。

センター後の二次試験に対しての指導は、かなりシビアに見てきました。

解答に関して、厳しいことも言ってきました。

それでも、やり直しをして持ってきてくれた解答、次の年度の過去問などで指摘されたできていないところを改善してきてくれました。

不安はあると思います。

でも、センターが終わってからの高3生の二次試験への能力の伸びはかなりのものだったと思います。

頑張った分だけの結果を出してきてくれると信じています。

高3諸君、頑張れ!
posted by 塾長 at 23:25| Comment(0) | 日記

2017年02月15日

新年度時間割

ちょっと調整に手間取ってます。


何とか来週の頭には出したいと思いますのでもう少々お待ちください。。。
posted by 塾長 at 22:32| Comment(0) | 日記