2017年10月05日

息子が勝手に借りた奨学金なので返済義務ないと母親が提訴

http://www.mbs.jp/news/kansai/20171004/00000063.shtml

この様に連帯保証人に勝手にされていた、勝手に名前を書かれていた、印鑑を押されていたというトラブルは意外に多く裁判でも貸した側の落ち度(確認不足、不備)を認めてる判決がいくつも出ています。
従って銀行などでは必ず連帯保証人には面前自署を徹底し、またその面談での状況などを記録し書いた覚えがないと言う訴えに抗弁するような対策をとっているのが普通です。

またこの記事では単に保証人とされていますがおそらく連帯保証人です。
連帯保証人と保証人は全く異なり通常こうした場合には連帯保証人を要求されますが、連帯保証人の場合は借りた本人と全く同じ責任を負い、また、貸した側も返済をどちらに請求しても構わないことになっています。借りた本人が返せなくなったら連帯保証人が払うと勘違いされていることが多いですので気をつけましょう。

ただ今回のニュースはそれ以前の問題がいくつもあるような気がしますが。。
posted by 塾長 at 01:27| Comment(0) | 日記

緑中1年生も

1番でした。498ってすごいなおい。。。
posted by 塾長 at 00:24| Comment(0) | 日記

2017年10月04日

実力テスト

美濃中1年2番?
美濃中2年1番5番

というか、返ってきてたのか・・・

追記。
と思っていたら、中3も1番だった。1年生が惜しかったな〜。つぎがんばりましょう!
posted by 塾長 at 21:21| Comment(0) | 日記

メモ


世界の過去1000年間に起きた戦争をビジュアル化した映像
https://www.youtube.com/watch?v=3AiYxta0pU8
1850年以降くらい、1900年初頭から半ばまでが圧巻

世界のどの場所でどのくらい核爆発が起きたのか
https://www.youtube.com/watch?v=mhAqVLqoJTA
実際にはかなりの回数核実験が行われていますね。

こんなグラフもあります。
http://onodekita.sakura.ne.jp/sblo_files/onodekita/image/2012102103.jpg

こんなグラフも。
http://blog.sizen-kankyo.com/blog/wp-content/uploads/o2004-thumb.JPG

月間平均気温のグラフだけでも、
http://blog-imgs-62.fc2.com/b/b/7/bb79a/20130829155942f8d.png
とか
http://blog-imgs-38.fc2.com/t/a/k/takaojisan/20100309225306086.jpg
あります。
いずれもほぼ同じ期間の同じようなテーマ(?)のグラフですが、印象が違いますね。

しかも、平均気温については地球誕生から見ればこんなグラフもあります。
http://www.env01.net/fromadmin/contents/2015/20151018_01.jpg


図表と言っても、「見せ方」によって印象がぜんぜん違いますね。
図表は「どう見るか」よりも「どう見せようとしているか」を知ることが必要と言う例でした。


posted by 塾長 at 18:58| Comment(0) | 日記

2017年10月03日

小林先生結婚式

というわけで、お休みにさせていただきましたが先生の結婚式です。


お許しも出たので写真を。



ひょっとしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、R22沿いのグランドティアラ一宮です。めちゃくちゃいいところですね!!

kenkoba1.jpg




kenkoba2.jpg

顔がキッとしているのでフォーマルなスタイルが似合うなと思いました。




もう普段の様子が想像できますよね。

kenkoba3.jpg




今日の授業では小6女子から「きれい〜!!」の歓声が。やはりウエディングドレスには憧れるそうで、いつの時代も同じなんですね〜。男性で燕尾服に憧れる人はあまり聞きませんが。




新婚旅行明け、いじりたおしましょう。
posted by 塾長 at 00:04| Comment(0) | 日記

2017年09月27日

クロ現+


http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4037/

ようやく録画をみました。
障害者云々はまあ、前から言われていることだしリリーフランキーが好きではないしだったんですが。

障害者健常者関係なく、普通に生きていて突き刺さる言葉がたくさんで、ぐっときました。




それはおいといて。



大学で学問をするならば、どんなことでもタブーなく踏み込んで、真正面から取り組まなくてはなりません。そうした意識を持ってほしいです。


今回のようなセクシュアリティの問題ももちろん、学問の対象として扱われて久しい分野ですから、避けたり茶化したりするのは非常にレベルの低い行いなんですよね。


どんなことにも純粋な知的好奇心をもって、問題意識をもって見ていける子になってほしいと思います。
posted by 塾長 at 04:38| Comment(0) | 日記

2017年09月23日

中3の15%、短文も理解困難 教科書や新聞で読解力調査

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201709/CK2017092302000119.html

問題を公開してほしいな。というか、されてるだろうから探してみよう。
posted by 塾長 at 15:02| Comment(0) | 日記

蘇原中央校の中2が変わりつつある。

中2ってよく「難しい学年」という言い方をされるのですが、ほんと難しいです。



開智塾は露骨に逆らったり反抗したりする子はいないのでそれは助かるのですが、その分黙る黙る。これは僕の時ですが。講師によって上手に対応を変えますよね。さすが、かしこい。



そんなわけで、一人一人声をかけて行ったり、全体に投げかけたりいろいろな事を試みているわけですが、ようやく少しずつ変わってきました!



授業後、質問に来てくれた子が4人。みんな授業中に聞いてくれればいいのに。。。とも思うのですが、そこはそれ、中2ですから。でも今までの「しらんかお」に比べたら、遥かに進歩です。これを読んでくださっている方のなかで、「うちのこは自分から分からない所は質問に行ってます!」って自信を持って言える方は何人いるでしょう?




あとはこれまで通り、一生懸命授業してやる気を引き出していくことですね!宿題も、みんなが前向きにやってきてくれるようになっています。今日も、授業開始1時間前には自習室に勉強にくるこが増えました。もう半分以上は来ていたと思います。今日も1人、「今日までの宿題を今日やっていた」子を、「今日でた宿題はは今日やって見せて帰る」子に変えました(強制的に笑)。やってくれると思います。




トップ校に行く子の勉強習慣で、圧倒的に他と違うのが「その週にやったことをその週のうちに覚える・出来るようにする」ことです。トップ校に行く子は、ここが抜かりないです。日々ほんの少しのことですが、これを気をつけて行くと差がとてつもないものになります。当たり前です。テスト前2週間で、ほぼだいたいのことが覚えられています。そのために宿題を利用しているので、宿題もよく出来ています。分からない所はすぐ聞きに来ます。秘技「手に書く」なんかもやります。もし電車に乗られる方は、電車に乗り合わせた岐高生の手の甲を見てやってください。結構な確率で勉強のことを書いています。油性ペンだとちょうど覚えた頃に消えたりします。




一方、そうでない子は。


先週やったことが覚え切れていないので、穴埋めをして次へ行かなければなりません。大抵そう言う子は、穴がすぐ埋まりません。いつまでも穴のままほっといて、テストを迎えます。で、できませんよね。テスト前は定番の台詞「塾のカコヨソとか宿題が多すぎて、テスト勉強が出来ません」この台詞が出てくる子はさすがに最近は減ってきましたが、これを聞くと「あぁ、親子でダメだな〜」って思ってしまいます。




そんなわけで、後期中間までのスタートをもう切っていますから、これからどう変わっていくかがほんとうに楽しみです。そして、まだまだ変わっていない子、変わり足りない子を変えていくのに燃えています。子どもは変わりますよ、ホントに一瞬で!ねぇ、○○さん!笑


posted by 塾長 at 00:30| Comment(0) | 日記

2017年09月20日

まさかの・・・

一斉送信をミスりました。。。
ひょっとしてひょっとして気づかなかった方もいらっしゃるかもしれませんので、ことの性質上お詫び訂正メールは送らないようにします。。。
申し訳ありません。


追記。
・・・と思ったのですが、それもなんか違うような。。。
posted by 塾長 at 21:22| Comment(0) | 日記

2017年09月16日

“ミサイル報道の地図”にピッタリなのは何? 「あの図法」では、間違った理解になっているかも

https://www.houdoukyoku.jp/posts/18311

物事の中心をどこに据えるかで見え方が違ってくるという示唆に富んだ?話。
posted by 塾長 at 06:21| Comment(0) | 日記